シアン

mellowのシアンのレビュー・感想・評価

mellow(2020年製作の映画)
4.1
Flilmarks試写会にて鑑賞。

昨年観た『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』に続く今泉力哉監督作。前二作は昨年の邦画私的ベスト10に入れたほど好みだった。今作も大いに期待して鑑賞したが、やはり大好きだ。

キャラクター設定や描写が秀逸。前二作でも感じたことだがキャスティングがとても良い。毎度出てくる「ちょっと変な人たち」が今回も期待通り登場、その「おかしさ加減」が絶妙で愛らしく、思わずニコニコしちゃう。

今回のテーマは『告げる』ことの大切さ、尊さだったように思う。

登場人物たちは皆、様々な想いを様々な方法とタイミングで勇気を以って告白する。その様子がもどかしくもいじらしい。そして結果的に(良きにしろ悪きにしろ)その想いを自らの中で昇華させていく。

僕も好きな人、物、事に対して真っすぐ素直に向き合い、臆することなく「好きだ」と告げられるようになりたい。

今泉監督の人間に対する愛情ったらない。これからもフォローしていきたい。

僕も人が大好きだから。