なめるとうまい粉

拳銃往来のなめるとうまい粉のレビュー・感想・評価

拳銃往来(1948年製作の映画)
2.8
 ノワール風西部劇。特に序盤はほとんどパロディの域。ディック・パウエル(この人の魅力というものが、個人的にはいまひとつ理解できない)は気障な台詞しか言わないし、ジェーン・グリアは歌いながら登場するし。まあそれが楽しいんだけど、その雰囲気がなくなると途端に平板な映画になってしまうのが惜しい。
 アグネス・ムーアヘッドやレイモンド・バーなどこれまたノワール映画っぽい渋い役者が出ている。でも一番印象に残るのはバール・アイヴス。