トムトム

BLACKFOX: Age of the Ninjaのトムトムのレビュー・感想・評価

BLACKFOX: Age of the Ninja(2019年製作の映画)
3.5
SF忍者アニメ「BLACK FOX」を劇場で鑑賞したら実写版の今作の予告が流れていたので鑑賞。
劇場公開ではなく配信です。

アニメ版は近未来ですが、今作は20代前の石動家の物語で時代劇です。
登場人物はほぼ共通でストーリーの流れが違います。
自らの不思議な力の為に父親を殺された少女 宮が復讐の為に暗殺者集団 狐を探して………という物語です。

坂本浩一監督だけあってアクションに力が入っています。
さらに元々倉田組の坂本監督ですし、師匠の倉田保昭さんの前で力も入ったのではないでしょうか。

主演の山本千尋が素晴らしいです。
強い目力の為に狐の仮面が無茶苦茶映えます。
顔が半分出ている為にスタントを使いにくいのですが、元々リアルヒッティング路線の倉田組のアクションを吹き替えなしでこなす身体能力が流石です。

敵の根来衆の四天王キャラがイイです。
中国剣術、琉球空手、韓国拳法、相撲と様々な武術で忍者である主人公と闘う絵面が素晴らしいです。

4人の必殺コンビネーション連続攻撃 奇門遁甲の術がいいです。
ハカイダー4段攻撃を思い出します。

そしてそれを破る主人公 律花の必殺技・二刀流九連撃 九尾旋風の舞の中二心全開感も素晴らしかったです。

流石に坂本監督と言えど江戸時代では吊り下げられた女の子が電流を流されたりしないだろうと思っていましたが、しっかりと矢島舞美さんがやられていました。

特撮ファンなら嬉しい面子も多く出演しています。

実際に体を張ったアクションこそが人々の心に響くという信念は「ジョン・ウィック」のチャド・スタエルスキ監督と同じですし、アクションも頑張っています………ただ予算が………

坂本監督はアメリカでのスタント時代にチャド・スタエルスキと一緒によく働いていましたし、「デッドプール2」のデビッド・リーチ監督を自らが監督していた「パワーレンジャー」に呼んでいたそうです。

そのスタントマンから映画監督になった2人が大成功しているのですから、邦画界も坂本浩一監督にビッグバジェットを与えて欲しいと切に願います。
胸元にオイルを塗った女の子が吊り下げられるシーンは控えて頂いて。