マトリ

悪なき殺人のマトリのレビュー・感想・評価

悪なき殺人(2019年製作の映画)
4.5
フランスの雪深い地で1人の女性が行方不明になるところから物語が始まります
主要登場人物は5人の男女
更にフランスから遠く離れたアフリカのコートジボワールの青年が加わり思いもよらぬ展開に

視点と時系列を変えて話は進んでいきますが人間関係がわかりやすいので頭が混乱する事はありません
あの時のあのセリフ、行動がこう繋がっていたのか!!と伏線が回収されていく様子が凄いです
ラストシーンはこんな人達まで繋がっていたの!?と驚かされました
脚本が本当に素晴らしい!

タイトルの「悪なき」の部分に惹かれたのですがとても意味深でした
悪のないところに悪が現れる
偶然が作り出した悪
まさに「人間は偶然には勝てない」を見せられた気がします
でも個人的には原題のSeules les bêtes(動物だけ)の方がしっくりきました

私はタイトルとポスターの情報のみで鑑賞したのですがめちゃくちゃ面白かったです!
なるべく情報を入れずに見る事を強くオススメします

初めてのオンライン試写会、本当に嬉しかったです
Filmarks様ありがとうございました!