イワシ

約束の宇宙(そら)のイワシのレビュー・感想・評価

約束の宇宙(そら)(2019年製作の映画)
4.2
今年ベスト。エヴァ・グリーンに対し性役割やアドバイス的抑圧を口にするマット・ディロンとのさりげない融和が良い。焚火を囲んでの詩による対話、不利を報告しないという現場の人間の価値観が共有され、ディロンは規範が少し緩んだかのように『ラスト・ボディガード』を仄かに匂わせる過去を語る。水中訓練の際の音響によるサスペンスの見事さ。あのシーンに坂本龍一の音楽はいらなかった。一瞬だけ映る夜のプールの不吉さも素晴らしかった。ショットとしては全く異なるのにターナー『キャット・ピープル』を連想させる。