Inagaquilala

約束の宇宙(そら)のInagaquilalaのレビュー・感想・評価

約束の宇宙(そら)(2019年製作の映画)
3.5
いわゆる「宇宙もの」は、アメリカ映画の専売特許かと思っていたが、この作品はメイド・イン・フランス。欧州宇宙機関(ESA)で訓練を積むフランス人女性宇宙飛行士であるサラが主人公だ。サラは離婚経験のある独身女性で、7歳の娘と一緒に暮らしている。長年の夢が叶って宇宙船の乗組員に選抜された主人公だが、宇宙へ飛ぶとなると娘を1人残して行かなければならない。そのあたりの葛藤が作品では主に描かれるので、「宇宙もの」というより、母娘の「家族もの」と捉えるのがいいかもしれない。娘のために主人公がとる行動に関しては、賛否両論あるようだが、ここは映画だと割り切るしかないだろう。とはいえ、作品中で描かれる安易な解決策に関しては、もう少し時間を割いて、きちんとしたものを提示したほうがいいのではという思いも残った。坂本龍一の音楽ということが、そもそもこの作品を観る動機だったが、いつもと変わらず良い仕事をしている。