AQUA

約束の宇宙(そら)のAQUAのレビュー・感想・評価

約束の宇宙(そら)(2019年製作の映画)
3.1
宇宙飛行士を夢みて挑む母親と娘との絆を描いた物語。

主演のサラ役にエバ・グリーンで同僚となる先輩飛行士にマット・ディロン

【物語】
離婚してシングルマザーのサラ、娘のステラとは良い関係を築いているが
夢だった宇宙飛行士になれるチャンスが訪れる、娘を別れた夫の元へ
渡し訓練を受ける日々だが厳しい訓練、娘への心配が徐々に彼女に重くのしかかってくる・・・

同僚のマット・ディロンが本当良い人演じててホッとするも
他は終始サラの自分勝手さにイライラさせられる、母親としての心情はじゅうぶんわかるけどあの約束の果たし方は感動どころかひどいとしか
思えなかった、本来なら忘れずに叶える時間はあったはずだし
マイクの助言も無視する始末だし、女性だからとかそういう事以前に
周りの空気を悪くする態度はよくないと思ってしまったが最後、
その後は終始イライラしててだめだったなぁ

映画.com参照
「007 カジノ・ロワイヤル」「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のエバ・グリーンが主演を務め、シングルマザーの宇宙飛行士と幼い娘の愛と絆を描いたドラマ。欧州宇宙機関(ESA)で日々訓練に励むフランス人宇宙飛行士サラ。物理学者の夫と離婚し7歳の娘ステラと2人で暮らす彼女は、「Proxima(プロキシマ)」と名付けられたミッションのクルーに選ばれる。長年の夢が実現し喜ぶサラだったが、宇宙へ旅立てば娘と約1年もの間、離れ離れになってしまう。過酷な訓練の合間に、サラはステラと「打ち上げ前に一緒にロケットを見る」という約束を交わすが……。共演に「クラッシュ」のマット・ディロン、「ありがとう、トニ・エルドマン」のサンドラ・フラー。「博士と私の危険な関係」のアリス・ウィンクールが監督・脚本を手がけ、坂本龍一が音楽を担当。

2019年製作/107分/G/フランス
原題:Proxima
配給:ツイン