MSTshozi

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームのMSTshoziのレビュー・感想・評価

4.9
この興奮、映画体験。
エンドゲームを観た時にこんな経験はもうなかろうと思っていたが、それに匹敵する。ある種超えてきた。

もう嗚咽。嗚咽嗚咽。

実写スパイダーマン映画という混沌たる歴史を受け止めつつ、トムホスパイダーマンのオリジンとして紡いだこのストーリーラインには頭蓋骨まで脱ぎ捨てても脱帽したりない。

今後のシリーズがどうなっても良いように仕切り直してるのが憎いし、憎い。(続編決定と脚本作成時期の兼ね合いもあるのか?)
それゆえか、MCUでの彼の道のりと距離を取るようなオリジン、寂しさの残るラスト。

しかし、この作品で示された「スパイダーマン」としてのオリジンの上に、MCU各作品群においてトムホピーターが経験したものが重なり、MCUにおける「ヒーロー」としての彼の物語がこの先紡がれていくのだ、ということを信じさせてくれる作品だった。
今後も大人の事情を軽々しく超えてきてくれると、信じてるぜ!!