ジャンゴ 繋がれざる者の作品情報・感想・評価・動画配信

ジャンゴ 繋がれざる者2012年製作の映画)

Django Unchained

上映日:2013年03月01日

製作国:

上映時間:165分

4.0

あらすじ

「ジャンゴ 繋がれざる者」に投稿された感想・評価

うらん

うらんの感想・評価

4.9
役者みんな演技凄すぎるし、
テンポよすぎるし、
うざい奴は大体死ぬし、
もう気持ち良すぎるね最高
Ryo

Ryoの感想・評価

3.5
面白かった。
ディカプリオは脇役だった。
左手怪我しても演技続けるシーンは名シーン
自己満足点 91点

書くの忘れてたレビューのシリーズ2回目!(笑)

タランティーノ初の西部劇。
冒頭の荒野を背景に流れる曲が凄く印象的です。でも既存の映画のテーマを使ってる辺りタランティーノらしいなと思ったり。

そして、タランティーノらしく軽快で面白い群像劇とスカッとする復讐劇、そして西部劇ならではの過激で痛快な銃撃戦が丁度よく詰まっていて観てて凄く面白いです!

その銃撃戦についてですが、
アメリカの西部劇のような一瞬で銃を出して撃つ感じとイタリアのマカロニ・ウエスタンのような血みどろの銃撃戦があり、非常にバラエティに富んでます。

ちなみに、広大な1800年代のセットを使ったりが夜に走る騎手、そしてド派手な爆破シーン等、タランティーノの中でもリッチな作りになっていて物凄く圧倒されます。


それに、当時の酷い黒人差別をテーマにジェイミー・フォックス演じる黒人ジャンゴが痛快に復讐を果たしていく姿は非常に面白いしスカッとします!
爽快ながらも、人種差別等のテーマは重くシリアスに描いてるため、主人公の境遇に共感出来るし、より爽快さが増します!

キャストの演技も話さないといけないですね。
主演のジェイミー・フォックスは全体的に抑え目ながらも、殺戮の場面は派手にやるなど、緩急自在に演じてるのが素晴らしいです。
クリストフ・ヴァルツやサミュエル・L・ジャクソンも良かったのですが、何と言ってもディカプリオの狂気に満ちた演技が素晴らしい!
彼のキャリアでは珍しく脇役ですが、脇役ながらも他のキャストを喰うほどの存在感と凄まじさを放っていました。
怒るシーンで起こしたケガを利用しながらそれを上手く利用したディカプリオも、そのまま映し続けたタランティーノも良い意味でイカれてます!(笑)


南北戦争辺りの話なので解りにくい部分もあったりして難しい部分もあったりしましたが、西部劇として充分なくらい面白い作品です!
たい

たいの感想・評価

4.3
2020.10.12
3時間近い上映時間にも関わらず、ここまで集中して観れるのは素晴らしい構成
タランティーノといえば、時間軸をずらす作品が多いが、今作は時間軸通りに流れており、タランティーノの映画作りの新たな巧さを感じた
相変わらず劇中の音楽も良い
boohjpn

boohjpnの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ラストの「It's me, baby.」ってセリフと、ダイナマイトで全てが報われます。かっちょえぇぇぇええ
こさす

こさすの感想・評価

4.4
The タランティーノ!!って感じの映画だった。そのアップいる?!その描写必要なん?!とかもうとにかく撮り方が独特!

えっぐい奴隷制の人種差別問題も重くなりすぎず丁度良い具合につくられてて、とにかくDjangoの復習がスカッとしすぎる!

ここからタランティーノにハマっていきたい。
クレイジーなドイツ人賞金稼ぎに自由を与えられた黒人奴隷が奪われた妻を取り戻すためにどんちゃん騒ぎ!的な西部劇系映画。

食わず嫌いしてたクエンティン・タランティーノ監督鑑賞シリーズ第6弾。今作も相変わらずどんちゃん騒ぎで流血しまくってた(笑)めちゃくちゃ重いテーマを扱ってるのにきちんとエンターテイメントとして成立しているのがスゴい。まさにこれがタランティーノ監督の力なんだなぁと実感。あと毎度思うのが、そこそこ長い時間の作品なのに、まったくその長さを感じさせないのがスゴい!タランティーノ作品は気付いたらエンドロールっていつもなってる気がする。

"歴史を面白く学ぶコテンラジオ"っていうラジオをSpotifyで知ってハマってるんだけど、最近ちょうどアメリカ史の流れのところを聴いたばっかりで、それもあって楽しく観れた!やっぱり時代背景を知ってるほうがすんなり観れて楽しみやすいよね。YouTubeでもそのラジオ配信してるっぽいから歴史に興味ある人はぜひ!おすすめ!
かける

かけるの感想・評価

4.3
てっぽーカッコいー。デカプリ男悪役だけどカッコよかったなー。
<概説>

南北戦争直前の米国で、男は奴隷となった妻を求めて放浪する。最後に相対するは超有力な農園領主。頼れる相棒と協力し、彼は伴侶を苦境から解放できるのか。名手クエンティン・タランティーノによる風変わりな西部劇。

<感想>

"Noi vogliamo i molti soldi,ehi ehi ehi ehi"

アレ?コレじゃない?

"In this world,there's two kinds of people,my friend,those with loaded guns,and who dig"

ハイ?コレでもない?

"Hasta la vista,baby"

コレはもっと違う?

どうも"django"という単語が記憶の片隅にあったので調べてみたら、『続・荒野の用心棒』がソレだったそうで。

イーストウッドでもレオーネでもないのかよ!

キャストを事前にチェックしてみてもイーストウッドの名前はなく、アレアレ映画オタクの西部劇だよねと不思議に思うことしばし。開幕30分で思考停止を選択することに。

なにしろ典型的西部劇からえらく邪道を行っている。

主人公が黒んぼ(差別用語)なのは論外として、開幕からブチ○される保安官に、敵がインディアンではなく富裕層。挙句滅多に出ないMandingoなんてものまでねじ込んでくる始末。

西部劇といえば西部劇なのですけれど、監督の好きな作品とかを聞いていると「そっちの方向に突っ走るの…」と目が点になりました。

ダイナマイト?

あれはいいんです。実は結構頻繁に出ますよ。
The D is silent.
この映画おもしろすぎ!多分女性ウケしないけど!

手から血流してるシーンあるけど、あれは演習じゃなくてガチの流血みたいですね。ディカプリオのアドリブでストップかけずにそのまま演技続けたそうな。
>|