Harigane

オフィシャル・シークレットのHariganeのレビュー・感想・評価

3.6
<あらすじ>
2003年。イギリスGCHQの職員であるキャサリン・ガン(キーラ・ナイトレイ)はアメリカNSAからメールを受け取る。
メールにはイラク戦争開戦を有利にするために非常任理事国の代表者を盗聴するよう要請する内容が書かれており、これに憤りを感じたキャサリンはマスコミへのリークを決意する。
2週間後、それは大きな問題へと発展し、キャサリンは自ら名乗り出るが・・・

<感想>
イラク戦争開戦前に実際にあった『キャサリン・ガン事件』をベースにした作品✨

イラク戦争を止めるためにとったキャサリンの行動。
内部告発するということは、非常に大きなリスクを伴う。それでも彼女は行動を起こす。
広島で英語を教えていた時もあるそうで、戦争の恐ろしさを知っているからこその、我慢がならなくて取った行動なんですね。

「危険を冒して政府文書の開示を求めるか、有罪を認めて減刑を求めるか?」と問われた際にも、「開示を要求して」と一貫した意見を主張するキャサリン。
自分の身が危ない状況にありながらも、自分自身が納得する志を最後まで貫く姿勢、とても強く映りました💫

この役を務めるにあたってキャサリン・ガン本人と面会して色々話を聞いたというキーラ・ナイトレイ。
今作での素晴らしい演技には、とても引き込まれました😃

エンディングで流れる、開戦からの4年でイラク人死者が15万人~100万人出ているとのメッセージ。
この中に戦争と全く関係ないはずの一般人がどれだけいるのかと思うと、とてもやり切れない気持ちになります。。