にっきい

ストレンジ・シスターズのにっきいのレビュー・感想・評価

ストレンジ・シスターズ(2019年製作の映画)
2.8
ベッドの上で美少女が悶え苦しんでても、エッチな想像しちゃダメ!w

トニー・ジャーのとんでもない身体能力で、『マッハ!!!!!』と言う凄まじいアクション映画を撮った監督の新作、しかもホラーって事で期待してた作品。
そう言えばトニー・ジャーって今度は『モンスターハンター』に出るんですね。

妖怪首だけ女から妹を守る話し。
これ日本で言ったらアイドルホラーなんですって。
守られる方の女の子がBNK48のメンバーらしい。
でも元々子役だったそうで、演技は上手かったと思います。
まあ、言葉がわからんから実際どうなのかはわかりませんが。
ガスー(首だけ女)と闘う一族の娘と、母親が妊娠中にガスーの汚れた血を浴びて呪われた子として生まれた娘が、姉妹として育てられ、妹がガスー化するのを阻止して、姉妹仲良く暮らすのを夢見る話しなんですが、監督の過去作からアクション期待してたのに、アクションシーンはほぼ無かった…。
せっかく姉は妹守るために医術や呪術だけやなく、格闘も教え込まれた設定やのに勿体ない。
妖怪ガスーは東南アジアではメジャーらしいけど、かなり斬新な姿。
元々は胴体にくっ付いてるんやけど、首が抜けて脊髄と肉袋と触手ぶら下げて飛んでくる!?ww
手足が無いから触手みたいなので相手を刺すか、口で噛みつくだけ…、胴体無くなって明らかに戦闘力下がってません?w
妹役の娘、アイドルやのにデートで膝に手置かれて首筋にキスされるとか、呪われた血のせいで生肉が欲しくなり、解剖実験してたカエル舐めるとか、かなり頑張ってました。

映画観るために朝出かけた時の話し。
電車に乗ろうと駅に行ったら、丁度駅員さんがホームの掃除をしてられたんです。
最近は女性の駅員さんや車掌さん、運転手さんも珍しく無くなってきてて、この日も女性でした。
僕が通った事に気がつかれた駅員さんが
「おはようございます」と挨拶をしてくれたんですが、この後の言葉にニヤニヤさせられました。
「いらっしゃいませ」って!?w
JRの駅でこんな挨拶されると思ってなかったのでw




*********鑑賞記録*********
鑑賞日:2020年5月30日
鑑賞回:19:05〜20:53
劇場名:シネ・リーブル梅田
座席情報:劇場③ I-1
上映方式:2D 通常
レーティング:G
上映時間:105分
備考:未体験ゾーンの映画たち2020
**********************

NEXT▶︎▶︎▶︎『星屑の町』