ルイまる子

水曜日が消えたのルイまる子のレビュー・感想・評価

水曜日が消えた(2020年製作の映画)
3.5
『24人のビリーミリガン』が好きだったのでかなり期待して見た。中村倫也ならばきっとやってくれるだろうから7人それぞれを上手く演じ分けてくれるんだろうな、とワクワクして見たが。。。。残念ながら火曜の男の子以外なかなか出て来ない。え?このまま?嘘でしょ、と思ったが、出てこない方が良いと一緒に見た家族が言ってたので見方は人それぞれなのかもしれない。多重人格ものと言えば、7人のうち、一人凶暴で欲望の限りを尽くすヤツがおとなしめの他を全滅させ、最終的に生き残るまともな一人と勝負するんだろうな。。。とか予めストーリーを予想してたので(悪いクセ)期待値が上がってしまい良くなかった。しかし途中から面白くなってくる。

【ネタバレあり】
スマフォの録画との会話はものすごくいい!あのシーンはすごく面白かった。その後の展開次第ではアカデミー賞狙えたんじゃ?(いや中村倫也は多分ノミネートされるだろうけど)いや、特別な事が起こらないストーリー仕立てがイマ風で良いのだが、小さい山でも作って表現してほしかった。あの過去の事故の映像何度も見せんでいいから。。。火曜日くんが図書館に入れた嬉しさの表現、花を買ってジャンプし転んだりする所が良かった。どれほど嬉しかったことだろう!

女の子(図書館の)と関わりを持つ所は良かった。さぞ嬉しかっただろう。しかし、おばさんからすれば会話がちょい不自然でわかりにくく、何について謝ってるんだろうかとか(つい論理的に考えて、え?水曜くんと他で会ってた?等余計な事が気になってしまった。いや、まあそういう意味の場面もあるが、会話が下手でどうも二人の心理に入って行きにくい)女の子が変に積極的過ぎるし、自意識過剰気味でもう少し違う初恋のときめきのある会話にしてほしかった。しかし、家の暮らしぶりが好きだった。中村倫也が最後の方にやっと7種類の人格を演じてくれた!やったーやっと見れました!(日曜日くんは魚しか興味ないんかいっ!笑)最後の付箋が可愛かった。一ノ瀬とのその後は?のやり取りは吹き出した笑