みおこし

リチャード・ジュエルのみおこしのレビュー・感想・評価

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)
3.8
劇場で観たかったけど見逃しちゃっていた、クリント・イーストウッド監督最新作。

1996年、アトランタ五輪会場近くで警備員をしていたリチャード・ジュエルは、公園のベンチの下に爆弾が仕掛けられていることに気づく。数名の死傷者が出てしまったもののいち早く彼が気付いたことで被害は最小限に収まり、マスコミは彼を“英雄”として取り上げ連日報道。しかし、とある地元紙が「FBIがジュエルが爆弾を仕掛けた可能性があると捜査中」と報じたことから、一瞬にして彼の日常が奪われていく…。

終始胸が締め付けられる思いで鑑賞しました…。これが実話だと思うとなおさらつらいです。イーストウッドらしい淡々とした切り口で、リチャード・ジュエルという男が警察官に憧れてきた経緯や、日の当たらない場所で葛藤しながら生きてきたトラウマティックな経験についても触れながら話は進み、そんな彼がようやくヒーローとして成しえた爆弾の発見という偉業。「ようやく彼も報われたのか…」とほっとしたのもつかの間、ひょんなことからFBIに嫌疑をかけられてしまいます。(このFBI捜査官の情報が地元の記者キャシーに流れるくだり、性交渉を引き換えにしている描写があってそこだけは「ん?」となったのですが、調べたらやはり物議を醸していたのですね…!)
昨日まで英雄として祭り上げていたのに、報道を機にジュエルとその家族を常に追いかけ回し、ありもしない噂や不利な捜査でマスコミや警察が彼を追い込んでいく過程にただただ戦慄。とはいえ、当事者の目線から描かれているからこうやって彼の気持ちに共感するけれど、何も知らなかったら私も報道を信じてしまうかもしれないなとも感じて、改めて冤罪の恐ろしさを痛感しました。一度疑いをかけられてしまったら、それまでの当たり前の生活や当たり前の人間関係、全てが崩れ去ってしまうのですね…。
ジュエル役のポール・ウォルター・ハウザーはコメディアンが本業ということですが、『アイ、トーニャ』や『ブラッククランズマン』での憎たらしい演技とは打って変わって、自信はないけれどやさしさと正義感に満ち溢れた主人公を好演していて素晴らしかったです。そして名女優キャシー・ベイツがそんな彼の母親役に扮しているのですが、彼女が記者会見で記者たちに訴えるシーンは涙なしでは見られませんでした…。全員が敵という状況の中、唯一ジュエルを信じてサポートする弁護士役には、売れっ子のサム・ロックウェル。今回は悪役ではないのですが、抑えた演技ながら存在感抜群でこれまた素晴らしかったです。

半ばドキュメンタリーに近い形で、きわめてリアルなタッチで描かれる作品でしたが、事件に巻き込まれてしまったジュエルを思うと、改めて事実を見極められる判断力を養いたいなと痛感させられる秀作でした。御年90歳、全く衰えないイーストウッド監督の手腕にただただ脱帽です。前も何かのレビューで書きましたが、5年前に監督とビバリーヒルズですれ違ったことがあって、あのときその威厳に圧倒されてなぜか何も言わずに逃げるという事件を起こしたことをまた思い出して、「あーーー!!自分バカ!!」となっています(爆笑)。