ゆき

雨月物語のゆきのレビュー・感想・評価

雨月物語(1953年製作の映画)
3.5
田中絹代のクリアな声。京マチ子の首のかしげ方やら仕草の美しい事!
饒舌でくるくる動く主人公に対し、映像はゆったりした印象。白黒のコントラストがモワッとしているので、なんだか浮世離れしたかんじ。
怖いのかと思って観たが、そうでもなかった。
音楽は場面毎、わかりやすくて良い。

戦国時代、金と色と出世の欲を満たそうとする男達。
村で慎ましく暮らしたい妻。
何とも皮肉な展開は予想通りだ。日本の昔の風景を映し出す。