aaaaa

カンフーリーグのaaaaaのレビュー・感想・評価

カンフーリーグ(2018年製作の映画)
1.7
ウォン・フェイホン、イップ・マン、チャン・ジェン、フォ・ユエンジェア。かつて香港映画のカンフー映画で、英雄と称えられたヒーロー達が、もし現代に蘇ったら...?という作品。

いやーはっきり言って、相当微妙な作品だった。と言うのもカンフーはほとんどCGで誤魔化していて、往年の迫力が完全に消されてるし、謎のラブコメ展開がどうにもこうにも茶番になっていて、映画自体に面白さを感じなかった。

キャストこそ、チウ・マンチェクやアンディ・オン、デニス・トーやチャン・クォックワンなど、本家本元の作品に出演している俳優達が参加しているものの、コメディが主軸で、本来の持ち味を全く活かしてないのが残念だった。しかも、版権の問題なのか、微妙に登場人物の名前を変えてあったりするのもすごい残念。
申し訳程度に「グランドマスター」のパロディがあったのが唯一の救いかな。香港ですごい酷評受けてたのも納得な一作。

今作の監督は、香港の鬼才ジェフ・ラウなんだけど、「黒薔薇VS黒薔薇」やチャウ・シンチーの「チャイニーズオデッセイ」で見せた、キレキレの演出はすっかり影を潜めてしまい、なんか色々残念な印象しか残らない作品でした。