noa

ジェントルメンのnoaのレビュー・感想・評価

ジェントルメン(2019年製作の映画)
4.0
まさにジェントルメン。かっこよかった。

渋い大人の抗争劇、日本じゃこの味は出せない。裏社会のグレーゾーンの中を、程よくユーモラスでブラックジョークを交えかつ引き締めるときはぎっとくる。心に色んな衝撃を与えてくれる作品だった。

最初、物語の進め方やキャラクターの判別について行けず、内心失敗したかと思いきやだんだんと引き込まれる作品だった。

コーチ一派がお揃いのチェックのつなぎを着てて可愛すぎたし、最後の手助けかっこよすぎ。
そしてやっぱりレイ的ポジションの人をいっつも好きになっちゃう。薬の吸い方めっちゃ色気あったのに、スマホ取り戻したくてひゅーひゅー言いながら走ってる姿とか萌えでしかない。ミッキーに忠実なのもまたいい。

紅一点のロザリンドはもう美しすぎたし、ミッキーとの関係性が素敵すぎてうっとりしてしまった。

ドライアイの痛がり方とマシューに突きつけた最後の提案が怖すぎて今でも脳裏に焼き付いてる。ちゃんと生きようと思った。

たぶんもう一回観たらもっと面白いだろうなと思う。お子ちゃまは一回じゃ足りなかった。

最後にどうでもいい一言。マヒューの言い方好きすぎた。