東京マクラ

ジェントルメンの東京マクラのレビュー・感想・評価

ジェントルメン(2019年製作の映画)
3.8
開始早々に「あ、これ好きなやつだ」となりました。様々な登場人物が入り乱れる群像劇で、二転三転していくストーリー、読めない展開と安定的に面白かったです。同様のクライム映画が好きな人は高確率で楽しめると思います!

ガイ・リッチー監督の作品の中では比較的ゆっくりと進んでいく印象です。丁寧にストーリーが展開されていくのですが、今作のような登場人物が多い作品に共通する壁として、それぞれの身分と名前、立ち位置を覚えるまで作品を味わえないのが難点です。

今作は丁度把握できるようになってきたぐらいで、ストーリーにもエンジンがかかってきて、その後は展開に身を委ねながら楽しめました。