ジェントルメンの作品情報・感想・評価 - 279ページ目

「ジェントルメン」に投稿された感想・評価

Lumie

Lumieの感想・評価

3.6
Filmarks試写会ありがとうございました

一日の終わり、生半可な気合いで見てしまったのが後悔。全力集中でみたらもっといろいろ発見できたと思う。もう1回観たいなー
マフィア同士のやり合いがめっちゃ面白いし、話しも少し複雑になってて良かった。ロックストックに似てるな少し
Filmark試写会にて拝見しました。
『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』『スナッチ』でやられたガイ・リッチー監督のファンの私にとっては、テンポ感、バカネタが満載でマジでたまらない!
元はテレビシリーズとして企画された作品らしく、映画の完成度っていうと軽い感じはするけど、そこは群像劇の名手!上手くまとめてる。それより何よりマコノヒーのほか、チャーリー・ハナム、コリン・ファレル、ヘンリー・ゴールディング、ヒュー・グラント一癖も二癖もある役者たちの共演(饗宴?)が見ていてワクワクが止まらない!是非、シリーズ化してほしいです。
ひじり

ひじりの感想・評価

4.0
4/22 試写会にて鑑賞。


ガイ・リッチー監督の原点回帰作!
「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」「スナッチ」にハマった方は必ず満足できる作品に仕上がっています!

複雑に入り組んだプロット、軽妙洒脱な語り口、鮮やかな演出、メタな視点、といった監督の真骨頂を発揮しながらも、過去作よりも洗練された造りは映画を観る楽しさを再認識させてくれます。

むずかしいご託や映画論、テーマの考察なんて一切必要ありません。頭を空っぽにしてストーリーの流れに身を任せ、「この映画クソ面白いな!!」と思いながら鑑賞するのが正しい楽しみ方です。

個人的に気に入ったのは作中での人種差別ジョークやFワードの連発、強烈な下ネタです。ポリコレの嵐が吹き荒ぶ映画業界のトレンドに安易に迎合しない姿勢が垣間見れて良かったです。

良い映画でした。


追記:観賞後、当作品のポスター右下に印刷されている、ある動物のマークを探してみてください。配給会社の皆さんの遊び心と作品愛、すこしの悪戯心に思わずクスッとします。
花梛

花梛の感想・評価

3.9
Filmarksさんの試写会で。

マシュー・マコノヒー演じる麻薬王と、ライバル勢、新興勢や、ヒュー・グラント演じる新聞記者との腹の探り合いと駆け引き。
前半はヒュー・グラントとチャーリー・ハナムの密室劇っぽいのが面白かったな。ガイ・リッチーらしい言葉遊びも多くて良かった。「トップ?ボトム?」のやり取り好きね。しかも何回か「ダーリン」って返答してて語尾にハートマークついてそうなトーンだったから笑ってしまった。ヒュー・グラント最高だよ。
あと映画のポスターが終盤に出てくるので注目してほしい……!他にも小ネタがいっぱいだったから上映始まったらまた観たいな。

リアルに会場で行われる試写会は約一年ぶりだったけど、ひと席空けだったし一人招待だったのもあってとても静かだったしマナーは最上だった。
さけ

さけの感想・評価

4.0
「曲者達による麻薬ビジネス争奪戦!」

登場人物のセリフや衣装、演出、もう全てがオシャレな映画だった。

話が進むにつれて、それぞれの登場人物が続々と参戦してくる展開が熱かった。

この物語の進行役である探偵「フレッチャー」のまるで全てを知ってるかのような振る舞いや余裕のある雰囲気が、この作中で1番曲者感が出ていてよかった。

ストーリーも二転三転し最後まで油断できないので飽きることなく見入ってしまった!
R

Rの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

試写会ありがとうございました!
ヒュー・グラントが好きで、2019年に情報を見て?から、日本公開をずっと待ってたから無事決まって嬉しかった。テンポ良くて面白かったな〜 全キャラ良いけど、やっぱりヒューグラント演じるフレッチャーが渋くて悪くてお茶目でかっこよかった!もう1回観たい。
ミッキーが頼んだビールとピクルドエッグがやけに美味しそうに見えた。(Twitter見たところ、ガイリッチーブルーイングの製品ぽい) 衣装もそれぞれに合っていて素敵で好きだった。しれっとコードネーム U.N.C.L.E.にもテンション上がった!
KIMOOTA

KIMOOTAの感想・評価

3.8
Filmarksさんの試写会で鑑賞させていただきました!
デビュー作からガイ・リッチーの虜になった自分としては、「ロックストック〜」の血を色濃く受け継いでいる今作は思わずニヤリとしてしまうシーンが多々あって嬉しくなりました。

・昔のマシューさんは優等生役のイメージとは逆に実生活ではヤンチャでレイシスト的発言炸裂させてたというゴシップが記憶にこびり付いているので、今回の「裏社会のボス」役は合ってるなと。(個人の感想です

・ハナムさんはもっと肉体美と肉体を駆使して欲しかった。勿体ない。脱いでくれても良かった。

・キャスト見たとき
「この面子の中になんでステイサムおらんの?」
と不思議だったけど、内容観て納得。
ステイサムに適役な登場人物はいないというか、ステイサムでも良かったかもしれないけど、そうするとステイサムの無駄遣いにになってしまいますね。

・あの胡散臭さはヒュー・グラントならでは。ハマり役。

ガイリチならではのストーリー構成、何度でも観たくなる。公開されたら映画館でも絶対観ます!
個人的にはガイリチ作品にしては楽曲の使用が控えめ…?と感じたのですが、初回だからストーリーに集中しすぎたのかな。映画館の音響だとまた感じ方も異なるかも。その確認も含めておかわりしたいです。

一瞬だけど、UNCLE好きな人はぜっっったい観て!一瞬ですが、ファンなら飛んで喜んじゃいます!

そして続編を匂わせる終わり方毎回ずるい…!!!!

しかしハナムさんホントなんで脱がなかったんです…?
(必要なかったからです
Filmarks試写会にて鑑賞。久々の劇場鑑賞だった。

とにかくガイリッチーワールド炸裂!!
ガイリッチー特有の台詞回しにさらに独特なカット割りを多用したシーン展開。オレたちはこれが好きなんだ!!

ストーリーは大麻ビジネスを廻る男たちの陰謀と裏の探り合いとぶつかり合いと騙し合い。出てくるキャストの扮装がとにかくおしゃれなのとわかってる!って膝を打ちまくりたくなるそのスタイリング。台詞もクィーンズイングリッシュだし、ヒューグラントのわざと崩したグズグズなイントネーションも最高!マシューマコノヒーとチャーリーハナム、かっこよかった(眼福)
思い切り続編に繋がりそうな展開だったけど、監督これ続編やるの?ブラックユーモア満載な本作は思い切り自分の好みだった。最後の台詞、"I want to play a game with me"かっこよかったな。

要所要所にガイリッチー監督のこれまでの作品に登場するいろんなネームや作品のポスターなんかが背景に入ってて、「やるな監督…」って思って笑った。
Sachika

Sachikaの感想・評価

4.2
大麻王の財産を巡る、スマートでバイオレンスな紳士達の駆け引き。
気づいた時には騙し騙され、言葉の応酬が止まらない。
本物の悪・本物の紳士たちの巧みな罠に、観ているこちらもズブズブハマり、真実と嘘の境に惑わされる。
間違いなく今年一番かっこいいワルに出会える作品!

ガイ・リッチー最高! イケおじ最高!

って叫びたくなるくらい大満足だった。

字幕見てて、これってそういう意味になるの??ってくらい、英語のセリフまわしがオシャレで、聞いていて楽しかった!
それから駆け引きも敵との対峙も全てスマート。
音楽、視覚効果、ファッション、小物…
それらがバチっとストーリーにハマっていて、どんどん世界観に引き込まれていく。
物語の作りも面白くて、終わった後の爽快感がたまらない!

悪どいシーンも、大人な駆け引きもバッチバチにかっこいいのに、時に(いや、かなりの頻度で)ティーカップを片手に紅茶を飲む姿に、紳士…!ってなった。
これはもう一度、紅茶を片手に観たい☕️