劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の作品情報・感想・評価

上映館(377館)

「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

見る前に中華食べすぎて、お腹いっぱいの状態で座ったから眠くなってしまった。上映スタートに20分遅れてしまった。炭治郎がアカザに卑怯者と叫ぶところには少し感動した。可哀想な映画だった。
ririmica

ririmicaの感想・評価

3.5
これは大迫力!あの演出が大画面で見られたのはいいなと。途切れることがないから内容にも違和感なく見れました。

アニメを観てからいったけど、やっぱりみんな言ってるように、アニメの続きモノという印象が強かったな、多分ストーリーを楽しむにはアニメを見てからでないとわからない部分が多そう。
特に次のお話の伏線とかもなかったように思うというか、続きますよ〜感がなかったので映画は映画としたかったのかそれとも...
面白かったけれど、続編も気になるし、もにょ〜っという気分も若干あるなと思いました。正直自分には新鮮だったな。
バイト
杏寿郎〜鬼になれ〜
光幸

光幸の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

流行りものに興味が湧かない体質なのですが、流石にこのご時世で興行収入250億円突破は無視できずアニメをみてから観賞。

先にアニメの感想を話しますが自分が時代の流れについていけてないのかあまり楽しめませんでした。

ストーリーとしては家族を殺された主人公が師に出会い成長し悪(鬼)を退治する
という超王道。桃太郎的でありスター・ウォーズにも似てると思って検索したらやっぱりスター・ウォーズと重ねて考察している記事が多くありました。(下敷きはジョーゼフキャンベルの「千の顔を持つ英雄」)

不憫な子ども達が鬼にされ人を食い、結局殺されるという救われない胸糞な話しで、首を切らないと殺せないので描写もかなり残虐になり、かと思えば突然ギャグシーン入れてきてそれもかなり寒い。
グロは見慣れているので気にはならないのですが、そのタイミングでギャグ入れるか?って思うシーンがかなりありました。
特に善逸がかなり煩く、コメディリリーフ枠はあっても良いのですが、必要以上にギャーギャー騒いで何度も見るのを止めようかと思いました。(戦闘シーンは抜群に格好良かった)

アニメの感想はこのくらいにして
本作の話になりますが

良かった点としては
声優の気迫の演技は物凄く伝わりました。特に主人公。個人的に一番好きなアニメであるデジモンアドベンチャーの大人になった八神太一役もやっているので親近感も湧きました。あと富岡役は桜井さんだったんですね。
アニメでのギャグシーンが寒すぎて見ていられず映画は流石にかなりシリアスな内容なので控えめでしたが善逸の夢のシーンは少し笑いました。多分鬼滅の刃で初めて笑いました。

乗り物の中で夢の中に入り込む設定はインセプションと酷似していて敵が夢を操る鬼なのに結局巨大モンスターに走ってしまい萎えました。

煉獄さん、主人公みたいなルックスで格好良かったのですが、目がキマっててちょっと怖かった笑 
本作で出番終了が悔やまれます。

アニメを見たと言っても原作漫画は読んでおらず知識不足でてっきり鬼殺隊の柱が総動員して無惨を倒すという最終回的な位置付けかと思ったら炎しか出てこず全くの検討違いでした。この記録的な大ヒットで今後続編も連発するんでしょうが個人的にはもうお腹一杯なので追いかけることはないと思います。
ma

maの感想・評価

3.9
思ったよりは泣けなかったけど最近のアニメの概念がなくて新しい感じだった。
みる

みるの感想・評価

4.5
言葉一つ一つがとても素敵。
とんも

とんもの感想・評価

3.6
アニメ版から感じてたシラケるギャグと在り来りな臭ゼリフと近親愛が凄い気持ち悪く相変わらず感情移入が出来ない。
都合上尺伸ばしに使われた前半パートが退屈で脈絡もなく始まる後半の戦闘が呆気なく終了してしまった。
あとどっかで聞いた事あるようなBGMで高揚しない。

馬鹿らしい台詞
「下弦の絶命シーンで鬼殺隊のいい所をご丁寧に1人ずつ説明する所。」
「煉獄さんの勝ちだァー」

炭治郎の"鬼にも思いやりあるよ"見たいな良い人像には惹き付けられないけど仲間の死別は感涙する。
ここから面白くなる気がするから続きが見たい。
aymie

aymieの感想・評価

3.8
アニメーションがやっぱりよかったーー

アマプラで途中までしか見てないから続き気になる...
でもアニメーションがかっこよいから、マンガであまり読みたくない。

れんごくさん、かっこよかったです。
ワンピースだとエースが1番好きだし、わたし、炎系がすきなのかしら。
アニメの続きを映画でやっただけたから、可もなく不可もなくな出来だね。
>|

似ている作品