現実逃避異邦人

夕霧花園の現実逃避異邦人のレビュー・感想・評価

夕霧花園(2019年製作の映画)
3.0
『The Garden of Evening Mists』(2019)

HBOMaxをブラウズしてたら、ちゃぶ台が見え、阿部寛に似てるなあとよく見ると、阿部寛だったw 禅ガーデンが見たいと思って観た。

1941年 Malaya(マレー半島)舞台。英語、広東語、日本語が出てくる。見たことある顔だと思ったら、『Crazy Rich Asians』のヒロインのお母さんだった。

阿部寛の役は、ヨーダを思い出したw 心もイケメンで、日本人として誇らしい。

そして、日本人として恥ずかしい描写も。

スポイラーアラート↓



イギリスも中国系も悪者として描かれてるけど、日本軍の虐待が見るに耐えられない。史実として受け止めるべきなのは分かるけど、アメリカに次々と建ててる慰安婦像に泣かされている在米者としては、この映画が火に油を注いでしまうと不安になった。 韓国の慰安婦は性奴隷じゃなく、お金を貰って働いてた売春婦達という証拠があるけど、もはや彼らにとって真実はどうでもよく、日系企業を貶めるプロパガンダツールとなってしまっている。そして彼らの思惑通り、アジア人以外にもフェミニズムに過敏な欧米人達もこぞって、日本を非難している。ますます海外で日本人の居心地が悪くなるから、今生きてる日本人達の配慮をしてくれてればなあ。

日本庭園が妹の心を救い、姉の心も救われた。日本庭園には心を癒す力があるよね! 後、鞭の痕を消す為でもあった入れ墨の痛みに耐える事でトランス状態になり、心の痛みを克服したのかな。入れ墨には、もう一つ、慰安所の場所を示すという役割もあったとは。一生気が付かなかったかもしれないけどねw

憎い日本人を愛してしまった悲恋。

11/14/2021