ピートロ

ドロステのはてで僕らのピートロのレビュー・感想・評価

ドロステのはてで僕ら(2019年製作の映画)
4.0
ヨーロッパ企画の公演には毎年、足を運んでいるくらいにはファンだが、今年はコロナ禍で公演がなかったので、本作を観ることができてよかった。
制作元でもある下北沢トリウッドで鑑賞したが、上映前に監督や脚本家やキャストらのビデオレターあり(シネコンにはない)。
2分後の未来が見えるテレビ(PC?モニタ?)による疑似ワンカットSFドタバタコメディ。
テレビを別の階まで持ち運ぶのだが、電源ケーブルの長さが絶対たりないだろと心中でツッコんでしまった。ノートPCのほうがよかったのではと思ったが、多分、ヴィジュアル的な問題なのだろう。
観終わったあとも、疑問に思う点がいくつかあり、いろいろ考えを巡らし、そういうことなのかなといくつかは納得したが、いまだよくわからぬ点もあり、そういうことをごちゃごちゃ考えたり、話し合ったりするのが楽しい作品。
劇場で観た人だけがゲットできる映像特典の情報あり。