カニ

ドロステのはてで僕らのカニのレビュー・感想・評価

ドロステのはてで僕ら(2019年製作の映画)
-
すげーーどうやって作ったんだろ……という気持ちになると同時に、舞台メインの役者さんたちの演技を映画として見る新鮮さがあった。

本筋とは関係ないが、最後の最後に、ある世代の文化系男子の夢あるあるが入っていて「おっ、このあるあるまだ生きてたんだな」という気持ちになった