カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇の作品情報・感想・評価・動画配信

「カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇」に投稿された感想・評価

アルパカの乳は美味しいのかなぁ
LOP

LOPの感想・評価

3.7
水がキーとなるストーリーはややシャマランの『サイン』味があり、マゼンタカラーの毒気ある植物/生物のビジュアル、そして合体モチーフの数々は『アナイアレイション』感もあり。
これらの映画が好きな自分からするとかなりテンションの上がる仕上がり。
特にグロテスクなあの生物(もはや生物と呼んでいいのか?)の造形の素晴らしさはできればもっと堪能させていただきたかった。

『遊星からの物体X』をはじめとするSFホラーの系譜に繋がりながらも、クトゥルフ直系の深淵を覗くような暗黒感と、ニコラス・ケイジの狂気と気迫が加味されて、決して二番煎じにはなっていない良作と言えるのではないでしょうか。

VFXをはじめとするビジュアルのクオリティの高さと発狂するニコラス・ケイジがメインなので、シナリオがややおざなりな点は否めないが総合的には大満足。
【ケイジ強化月間Vol.2】
スラムダンクbyトマト・ケイジ🍅
製作陣が同じ『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』のようにエンジンがかかるまで遅めですが、The Thingが襲ってきてから本領発揮するヒステリック・ケイジは見ものです。
水質のせいではない、きっとパープル・ケイジのせい。
音楽がターミネーターなのよ。
ラヴクラフトを掘り下げていきたい。
アメリカの田舎暮らしはクルマやネットがないと辛い。
Kantoku

Kantokuの感想・評価

3.5
遊星から来た物体Xのアメリカ田舎vetに”色”の要素が加わった感じ。遊星の方と違って、ニコラス・ケイジ筆頭に元々正気かどうか微妙な登場人物な分ゾワゾワ感が上乗せされた感じ。
mz5150

mz5150の感想・評価

3.0
隕石の落下により悲劇に襲われた家族の顛末と見届ける青年の物語、ホラー調の演出にもなんとか耐えられるレベルでホラーファンなら物足りないかも知れぬが、ヘタレで耐性ゼロの自分には丁度良い案配である。

乱発気味のニコラスケイジ主演、最近はセガール以上の多作だが今回は低予算ホラーに挑戦す。謎の隕石の落下が家族にもたらす不調と異常がホラーとしてはゆったりとしたカットで描かれ、恐怖はゆっくりと家族を侵食して行く。残酷な描写と奇妙な光景には美術さん特撮班の努力が伺える。パープルを基調とした風景は素晴らくあり効果的であった。

正直ホラー苦手で興味ない作品だが頑張りは認める。特筆するべきはサントラでシンセサウンドはクラウト勢や冨田勲しか思い浮かばないがニューエイジ系の奇妙でスペイシーで印象に残り素晴らしい出来。
宇宙からの色。スラムダンク。
めg

めgの感想・評価

3.5
途中まで好きだったんだけどなぁ。。
ニコラス・ケイジの「スラムダンク」に声出して笑った。
ツッコミどころ満載のB級映画。しかもおもしろくなーい。なんなんでしょうか。
ニコラスケイジ、こういうのに出てるんですね、近頃は。
>|

あなたにおすすめの記事