好きと言っていいでしょう

ようこそ映画音響の世界への好きと言っていいでしょうのレビュー・感想・評価

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)
3.8
すばらしき映画音楽たちと同じような形式なのに、もちろん見ていて面白いです。ただ個人的に音響より映画の音楽の方が興味があったので、そこの部分で、前者の方がさらに面白かったです。

本作を見ていると、ゴッドファーザーとスター・ウォーズと地獄の黙示録はずば抜けてすごいことが改めてわかりました。地獄の黙示録は後ろからも音が聞こえる初めての映画ということは、何となく知っていましたが、それは斬新的すぎることだそうで、今の映画の形式の標準にもなっているそうです。

黒澤明の名前も出てきたので少し嬉しかったです。