いつき

ようこそ映画音響の世界へのいつきのレビュー・感想・評価

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)
3.3
思っていたより例(舞台裏)より、作った人たちの語り(意見)が多かった。

いつも洋画は絶対に字幕で見ますが、こういうのは演技ではないので吹き替えが欲しかったと思いました。
「音」の話なのにほとんど目から情報を拾ってる感じが少し疲れました。

もっと詳しく技術の部分に踏み込んで欲しかったのかなぁ…
「この映画のここが素晴らしい」
って意見を聞かされてる印象。
もっと知りたかったというか…なんか物足りない。