きゃのん

ようこそ映画音響の世界へのきゃのんのレビュー・感想・評価

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)
4.1
なんか盲点をつかれたような作品だった。
無知を晒すようで恥ずかしい気持ちもあるけど、映画音響がここまで細部にわたって使用されてたのは知らなかった。
効果音程度しか音響って使われてないと思ってたのにまさか映画全体の音が音響によるものだったなんて。
街の雑音から人間が発する声以外の音、自然の音など映画で聴く「音」はすべて後付けしてたなんて。
スピルバーグがなぜここまで素晴らしい映画を作れるのかもなんとなく理解できた。
今後の映画の見方が変わる作品だった。