aizakmovie

ようこそ映画音響の世界へのaizakmovieのネタバレレビュー・内容・結末

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます

映画は総合芸術というけれど、これを観たら音が映画にもたらす影響は計り知れないと分かる。
音響デザイナーと劇中では呼ばれていたけれど、技術者でもあり研究者でもある素晴らしい仕事だと思った。

スターウォーズの現実にないものにあてる音のための収集はすごく楽しそうだったなぁ。
フォーリーでは学生時代フィルム映画を作ったときにアフレコをしたり足音とか物を叩く音を後付けしたりしたのをおもいだした。その作業は単純なようで難しくとても楽しかったことを覚えてる。

途中出てきた前衛作曲家のジョンケージの映像がかなりアートで良かった。大好きな宇治野さんを思い出しました。

偉大な監督にはいい音声担当がいる。
そしてベンバートは人気者なのね。
色々勉強になりました。

音の表現は自分の耳のすぐそばで聞こえてくるまでにどんどん進化してる。これからも楽しみ。
今後アカデミーの音響賞をちゃんと注目しようと思います!