夏来

運命じゃない人の夏来のレビュー・感想・評価

運命じゃない人(2004年製作の映画)
3.6
幼い頃から母に「お金の使い方と暇の潰し方で人間は決まる」と教えられて育ちました。子供にそんな辛辣なこと言うもんじゃありません、かわいくないリアリスト崩れに育ってしまいます。

それはそれとして、今作にも、お金が大きく関わります。
和製パルプフィクションなんて言われております、とある夜の物語を四人の視点で順番に描く、サスペンスタッチのオムニバス・ラブコメディ。このサスペンスのタネと仕掛けが秀逸で、地味なキャストながら見飽きることなくグイグイ引き込まれて、あっという間に終幕となります。ポップコーン似合う〜!
愛×お金×人間は、面白い群像劇の成功パターンかもしれない。

それにしても、札束なんて使わなきゃただの紙なのに、いい大人が滑稽にも振り回される振り回される。愉快でした。