カサブランカの作品情報・感想・評価

「カサブランカ」に投稿された感想・評価

kasa1024

kasa1024の感想・評価

4.1
初めて観賞‼️名作である❗️本当に良い作品だった😄結構古い作品だけどイングリットバーグマン綺麗だったしハンフリーボガートもとてもいい俳優だと思った❗️
あとアカデミー賞も受賞している面白いわけだ😃
yuma

yumaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます



【卒論用】

カサブランカ
・フランス領だが、パリが陥落し、ドイツの統治下にある。
・アメリカに亡命するためにお金や渡航証を求める人々がいる。

≫リック
①過去に戦争で弱い国の兵士として戦った(映画でもこう言ってる)
②最初はクールで冷たいやつ、だけど、後半にかけて、人情味あふれる行動や勇敢な行動を取る
③ドイツの少佐を撃つ。

≫(リック=アメリカとすると)
①弱い国の見方。
②孤立主義と言われてる(た)が、助けを求めればそれに応える。ヒーローになる。
③枢軸国ドイツを攻撃する。


カサブランカの状況とそこの人々がアメリカを必要としている=WWⅡの参戦理由

てことで、プロパガンダ映画として知られてるのかなー!?

戦争参加の意志とその支持を国民から得ることがヨーロッパから離れたアメリカで必要だったから、プロパガンダ映画としては納得。


ストーリー的には主人公の女の行動がまったく共感できなすび🍆

夫が死んだと思って、恋人作って、夫生きてるとわかったらそこに戻り、久しぶりに会った昔の恋人に愛してると言い、夫をアメリカに送り出して昔の恋人と離れないこーして、結局夫とアメリカ行く。

気持ちの切り替えはやすぎーー!!
Milothecat

Milothecatの感想・評価

3.3
女って怖い。
ki

kiの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

君の瞳に乾杯
yax

yaxの感想・評価

-
きろっく
Kohsan

Kohsanの感想・評価

4.0
20代前半、あるきっかけでG.H.マム コルドンルージュというこの映画に登場する著名シャンパンをプレゼントされたことをきっかけに観た映画。後年、このシャンパンの製造所まで行ったのだから若き日に観た映画の影響力は大きいですね。
koyuki

koyukiの感想・評価

3.8
有名なあのセリフ
eri

eriの感想・評価

3.7
やっと本家の「君の瞳に乾杯」聞けた〜!!!
かの有名な台詞も良いけれどパリでの二人の会話も素敵だった…!

「いつか離れ離れになったとしても、
私があなたを愛していることは忘れないで」

「なにを考えてるの?」
「1フランほどの価値もないことさ」
「いくらだしても聞きたいわ」


最初はエルザが美しくてただただ目がくらんでたけど、
話が進むにつれてエルザの身勝手さに嫌気がさしてしまう…(笑)
だけど結局最後には涙を流してる姿が美しすぎて許してしまう…。
最後飛行機まで向かうシーンの涙が綺麗で忘れられない…
こんなに美しく涙を流せる女優さんいますか…。

リックもラズロも、ルノー署長もすごいかっこよかったな。
みんなそれぞれの生き様があり、その信念を貫き通しているのにグッときてしまいます。
ラストシーンのラ・マルセイエーズも印象的だった。
この時代についてもっと知りたくなった。

素敵な恋愛・美しき友情、思わず酔いしれてしまうような台詞、これだけあればもう十分です。もう一回見たい!
オンナゴコロがまるでわからない。
HaDoSon

HaDoSonの感想・評価

2.8
戦時中、カサブランカ(地名)ではドイツの侵略から逃げてきたヨーロッパの人たちがアメリカへの亡命する為に滞在していた。そんなカサブランカで主人公リックと元恋人のイルザは再び出会う…。

初の白黒映画を鑑賞。「君の瞳に乾杯」という言葉を生み出した切ない物語でした。 https://t.co/JcAxqChrdz
>|