くう

花束みたいな恋をしたのくうのレビュー・感想・評価

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)
4.0
青春の輝きとか、ヲタクからの卒業とか、恋の始まりのパーティ感とか、もう、なんか、あの頃に向かって駆け戻りたいっっ!!と心から思う。

あの時代に戻った自分の人生をそのまんま振り返ったような切ない切ない恋愛映画。全力で推す!

彼女が落としたハンカチを拾って壁ドンして…みたいな恋愛ものを見ると秒で眠気に襲われる当方が全力で推す!

本当にこんな風に出会ったら恋に落ちないはずがない2人が描かれていて、こんな風に生きているだろう人たちが描かれていて、ドラマティックにして極めてリアル。

個人的に、坂元裕二なら何でもOK大絶賛というほど好きな脚本家ではなく、詩のようなセリフの洪水に辟易とする作品もあるのだけれど、この映画では詩のようなモノローグが心地よかった。

架純ちゃんも菅田くんも、リアルの中にあっても輝く人たちだと再確認する。