花束みたいな恋をしたの作品情報・感想・評価・動画配信

花束みたいな恋をした2021年製作の映画)

上映日:2021年01月29日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

あらすじ

「花束みたいな恋をした」に投稿された感想・評価

qudan

qudanの感想・評価

4.0
20代前半の趣味の合う男女の恋愛、というある意味軽薄なモチーフ。
だが、現代に生きる人に刺さるような要素をひとつひとつ丁寧に積み重ねることでリアリティと厚みを出し、「これは私の物語だ」と共感させる手腕がすごい。

また、サブカル語りをする主人公たちのように、この映画の端々にサブカル語りをしたくなるチョイ役やロケ場所、小道具が仕込まれているのも構造としておもしろい。
さかな

さかなの感想・評価

4.3
ようやく観ました
AINO

AINOの感想・評価

4.6
ずっと見たかったけど、自分の中での時機を考えて見ようって決めとってやっと。

ずっとずっと2人で大事にしてきたもの、壊れてほしくないし壊したくない。
壊すつもりもないはずなのに、気付かぬうちにヒビは入っていくんやなあ
みやこ

みやこの感想・評価

4.7
絶対刺さるやろな〜と怖くて見るのを避けてましたが、やっと見れまして、達成感とほっこり感。いい映画…
ベランダから差し込む光とか、河原を歩く2人を照らす光とか、麦くんの顔に赤く反射するゲーム画面とか…
光の写し方に、恋愛の眩さと儚さと虚しさがたくさん表れていてすごく印象的。

失恋≠悲恋だよなーと。
いつか思い出して、幸福感とかいわゆる「っぽさ」「のようなもの」は感じられるかもしれない。でもやっぱり、幸せそのものは持続ではなく瞬間にしか感じられないものだなあと改めて思わされるような。
恋愛ってやっぱりすげーよね〜(小並感)
ひくん

ひくんの感想・評価

3.9
 大学生として出会った2人が、趣味の観点から自分達が運命的だと感じることは少なくない。そしてその2人が社会に出ていく中で少しずつすれ違っていくことも珍しい話ではない。「ありふれた恋」などは存在しないと思うが、あえて言うとすればこの2人のような恋は珍しいものではないと思う。
「花束」のようだったのは、当事者から見てか、視聴者から観てか、はたまたその両方か。特に若い年代層に、一度は観て、恋愛と人生について何となく考え、それらが一筋縄ではいかないものだと再確認してほしい作品である。

————————————
坂元先生の作品は、もの珍しさはないが、魅力的な人間関係を描くのが上手いですよね、、、大好物です、、、
GUMI

GUMIの感想・評価

4.5
最後の昔の自分達を客観視したところで感情が溢れ出ました。
sorimu

sorimuの感想・評価

4.5
こんな恋愛したいです!!
私の好きなタイプの映画でした♡
(満足♡)

イラストがかわいかった。
レンタルの500円を渋りに渋って観ていなかったのですが、とあるきっかけでやっと観ました。
青臭過ぎて鼻はもげて無くなりましたが素晴らしかったです。
まろゆ

まろゆの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

前半は鏡のように自分のことを映されているようで観ていられなかった。サブカルに精通していることで自分まで「普通ではない」特別な何かになったような気がしている「普通の」若者だ。
ただ、その「普通でないこと」を追求しているうちに「普通に」なってしまった2人はつまらなくって観ていられなかった。

あらすじだけを追えばよくある恋愛の話、なのだがじゃんけん(グーとチョキで勝敗はついた)や楽曲(最後まで夜の道で350mlのビールを飲んでいた)など小道具というか物語の詳細のところが上手で、2人だけのストーリーに仕上がっていた。
最後までどちらも直接「別れよう」とは言わなかったのだけど、ファミレスの「楽しかった」は過去形じゃなくて現在完了形だったのだろうな。

自分でもよくわからないけど、最後のストリートビューのシーンで泣いてしまった。
物語はループして、それでも2人の関係は変わりながらこれからも続いて行くのかもしれないし、そうでないのかもしれない。
タイミング〜〜〜〜〜〜〜
>|

あなたにおすすめの記事