「静かなる男」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

元プロクサーのジョンウェインは故郷アイルランドのイニスフリーに戻り、モーリンオハラと恋に落ち結婚する。
しかしジョンウェインを気に入らない兄が風習にそむき持参金を渡さず… みたいな話。

序盤中盤まではダレる感じがあって結構長いなあ、と時間見ながら見てた。

でも終盤は最高!
モーリンオハラをジョンウェインが引き摺り回すとことか今見たらアウトなんだろうけど、逆にすごい清々しくてにやけてしまう笑

大乱闘の楽しさは言わずもがな。
オチも爽やかで見た後幸せになれる作品でした。
黒が美しく映えてる
ジョン・フォードの良さが漸く解った
詩情豊かな人情喜劇
メロドラマ。
モーリン・オハラの勝ち気な女の子感がとてもいい。

ただ、田舎を美化しすぎている感は否めない。
あんなにみんな世話焼きかなあ、田舎であれだけしきたりあるんなら、逆に無視を決めこまれそうだけど。
まぁ、メロドラマだからあんまりそういうこと考えてもって感じだし、ご都合主義万歳なんだけど。
昔この映画は過大評価されている!って授業でディベートしたの思い出した
父が酒を飲み始めてから興ざめしてしまった。俺も静かなる男になりたいのに


アイルランドは綺麗で伝統を重んじる?(後半の喧嘩シーンにて)国で酒が好きで、出てくるやつは皆いいやつで素晴らしい国だ。

ショーンが初めて殴られて場面が変わるまでは、意外にトントン進んでしまってこのままで「2時間どう成り立つんだ?」と心配していたがジョンフォード様いらぬ心配でしたね。
また観ます
多幸感ハンパないってやつ。
美しい風景とラストの殴り合い。
終始ニコニコしながら観られる大好きな作品です。
レンタル版の画質があまり良くないのは△ですが、、、
ジョン・フォードが行き着いた郷土愛、人間愛、映画愛、友達愛。
初めて観てから30年以上。ずっと頭の中でBGMがリズムを刻んでいる…
巨匠ジョン・フォード監督の西部劇ではない作品。観る前はジョン・フォード監督と主人公ジョン・ウェインだったのでてっきり西部劇だと思っていました。銃でのドンパチがなく新鮮な感じです。アメリカ育ちの主人公を演じるジョン・ウェインとアイルランドの女性を演じるモーリン・オハラを中心に物語は進みます。二人が出逢ってすぐにチューからの壁ドン!なんて大胆なのかしら!素敵!とワクワクしましたが、アイルランドの仕来たりに捕らわれているモーリン・オハラは素直にジョン・ウェインの胸に飛び込まないので観ていて若干イライラしました。
>|