lemmon

大いなる罪びとのlemmonのレビュー・感想・評価

大いなる罪びと(1949年製作の映画)
4.1
「ペック、もうやめろーー!!😫」
と、思ってしまったんだから、映画にハマってたな。

アルコール依存はよくクラシック映画で踏み込んだ作品を見たことがあるが、賭博依存は初めてかも。

この主人公も当初はそんなことしないだろうという感じだが、そこからスーッと気づくとのめり込んでいるという。
「誰にでも起こり得る」が伝わり、その時点で本作は成功していると思う。てか、怖いわあ😨。


最後に言いたい、、、
ガードナーよ、最終章はこれから、、、って、まだどっちに転ぶか分からんよ😎



自分は映画依存なのかも。。。
誰にも迷惑かけていないだけで、、、
あれ!かけてる?わからん、、、依存って本人が気付かないから怖い😭