KUBO

バッド・エデュケーションのKUBOのレビュー・感想・評価

バッド・エデュケーション(2019年製作の映画)
3.3
よくこんな地味な作品にヒュー・ジャックマンが出たな、と思いつつ、ああ、ウルヴァリンばっかりやってて、こんな役者らしい役柄をやってみたかったんだろうな、と納得。そう言えば『フロント・ランナー』もそんなだったし。

総額1100万ドルにも及ぶ、公立学校では米国史上最高額の横領事件を実話に基づいて描いた作品。

ヒュー・ジャックマンはやり手の学区の教育長(最高責任者)。アリソン・ジャネイ演じる副責任者といっしょに、学校を優秀校に押し上げ、表向きはオシャレで地域の人たちからも尊敬を集めていたが…、

おもしろいのは、この横領事件が、この学校の校内新聞の取材から明らかになったという事実! 学校の経費におかしな物が含まれていることに疑問を持った新聞部員が、過去の記録を調べていくと…

フロリダに別荘
ジェットスキー5台
たくさんの高級車
ブラジル、プエルトリコ、ハワイへ旅行
家電、宝石、芸術品などなどなど。

長年、学校に勤めてきたが、日本の公立学校の予算でいくらごまかしても、こんな物買うほどお金ありません! アメリカってずいぶん教育に予算割いてるんだな、と本筋以外のところに感心する。

これ”HBO Films”ってタイトル前に出るけど、HBOってドラマだけじゃなくて映画も作ってるんだね。でも日本、未公開みたい。

ヒュー・ジャックマン主演だから、どうしてもそっち側メインで描くけど、不正を見つけた新聞部員側から描いた方が、物語としておもしろかったかも。

らしくない、悪くて姑息な男役のヒュー・ジャックマンが見られます。