おっとっと

カモン カモンのおっとっとのレビュー・感想・評価

カモン カモン(2021年製作の映画)
-
甥と叔父。血は繋がっているが、家族とは到底いえない、ぎこちない2人の関係性は、前作に続き、マイクミルズなりの“家族”の一つなのだろうけど、互いの歩み寄ろうとする思いと、でも何でこいつと一緒におるんやという本音の見え隠れが、毎度唸らせられる。うまい。でも大前提の愛と優しさが、いつも彼の映画には満ち溢れている。性善説でできてる世界。

母に置いてかれた甥の面倒を見るホアキンが、ニューヨーク行きを提案し、甥がそれに乗るんですが、後から
「ニューヨークに来たいと言ったのは君だろ?」の答えに「僕に選択肢なんてあったと思う?」と答える甥の切なさよ。

役者2人が素晴らしい。お母さん役も素晴らしい。

あとは「カンバセーション盗聴」「ミッドナイトクロス」「リスボン物語」に続く、耳映画に追加されました。