木葉

ミッドナイトスワンの木葉のレビュー・感想・評価

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)
4.5
崇高でこの上ない愛の物語。
LGBTの生きる苦難、バレエ、貧富の差、ネグレクトが題材だがここまで究極に愛を唄い、愛について思慮深く投げかけてる作品はあっただろうか。
映画は胸を締め付けられるほど、ヒリヒリジリジリと痛くて切なくて辛い。ただ草なぎ剛と服部樹咲が互いを必要とする過程は感極まった。
観賞後は草なぎ剛の海のような広大で深い愛に救われた。
母とは産み育てるものばかり思っていたが、愛を与えたい相手、惜しみない深い愛情、守りたいものを持った時、人は母になれるんではないかと錯覚するほど、草なぎ剛は美しかった。
たとえば、このシビアで過酷な世界には、味方も、理解者も誰もいないかもしれない。
生きる困難、孤独、世間の目、はみ出してしまった自分、分かって貰えない心の深い淵。世知辛く、苦しい者ばかりもっと苦しくなっていく。
けれども、この映画の中で草なぎ剛が表現したように、私たちも変わることが出来たら。
あるがままの自分、あるがままの相手を肯定し、自分や他者をもっと尊重し、愛することが出来たら。
闇からは逃れることが出来ないが、生き辛さがほんの少し軽くなる。
この映画は心の闇を木漏れ日のような光でじんわりと埋めてくれる。
観終わって一週間経つが、ありったけの愛を、母性を、おすそ分けして貰ったような寛容で温かな余韻に包まれている。