APlaceInTheSun

由宇子の天秤のAPlaceInTheSunのレビュー・感想・評価

由宇子の天秤(2020年製作の映画)
4.5
【とりあえず備忘録として書き殴るものです】
映画ならではの視覚的魅力があるかというとそこまでではなく、インディー映画っぽい粗も感じたが、脚本の力強さには唸らされた。何度も推敲を重ねたであろうその脚本と、主人公の演技に敬意を評してのスコア。


「由宇子の天秤」
主人公の由宇子の行動をつぶさに見ていると一見、道徳的 善良な人に思える。でも(特に父親の件が明るみになってからより鮮明になるが)血の気が多く他人にキツく当たったり、重要な局面局面で計算高く振る舞う癖が段々と見えてくる。受け答えする際に、じっくり間を取って言葉を選んで話し出す、その時の目が何を考えているか分からなく恐ろしくさえ見える(正にその都度、「天秤」でメリット・デメリット、本音と建前、正義と私利私欲をはかっているよう)。
(違うテイストだけど「ルースエドガー」のルースを想起した)。
もっともらしくて納得しそうだけど、よくよく考えると、「それ詭弁ですよね」みたいな事けっこう言ってたり。
加えて、父親の罪をなんとか揉み消す為に貧困家庭の子供に対して優しくするコミュニケーションが、どこか物やお金で手懐けているようにも見える。それが完全に打算的な態度ではなく、本当にこの子を守ってあげたいと云う気持ちが含まれてるのは伝わる。そのバランスがこちらに綱渡りしながら観ているような感覚を与えていて物語への吸引力になっている。

物語というと、
①由宇子自身に振り返ってくる父親の罪と贖罪の話し。それを由宇子がかばうのかどうか。
②由宇子がドキュメンタリーの題材としている亡くなった女子高生と高校教師の事件。
が類似して重なりあいストーリーに深みを持たせている。
(こういう主人公の物語と他の物語が重層的に呼応する映画をたまたま最近良く観た気がする
「空白」「ギルティ」「ドライブマイカー」他も有った気がする…)

主演の