ピートロ

由宇子の天秤のピートロのレビュー・感想・評価

由宇子の天秤(2020年製作の映画)
4.3
物語の基本構造が非常に効果的だが、それだけでなく細部の演出も丁寧でうまい。
父がサロンパスで肌を露出、スプーンの持ち方、ティッシュ配り時のいざこざなど。
劇伴のない手ぶれカメラの映像が臨場感たっぷり。
嘘と打算と正義と罪悪感が混濁した世界における主人公の立ち回りには、苛立ちを感じずにはいられなかった。
『葛城事件』とセットで観たら、数日は寝込みそう。