tick, tick...BOOM!:チック、チック…ブーン!の作品情報・感想・評価・動画配信 - 6ページ目

「tick, tick...BOOM!:チック、チック…ブーン!」に投稿された感想・評価

めちゃくちゃ感動した。
アンドリュー・ガーフィールド素晴らしい!
演技はもちろん、歌も歌声も表情も最高。
早逝の作曲家の実話ってのがずるい。惹かれるに決まってる。

30歳目前。
【若者】という言葉の効力が消えてしまうタイムリミット。
そんな中での創作活動が自分に重なってある意味辛かった。
だからこそ今作が刺さったし、ラストの曲も良かった。

「行動がものを言う」

頑張ろう自分も。
29歳になったらまた観る。観なければならぬ。

サントラ落としてアンドリューの歌いっぱい聴こ。
いや〜満足。多幸感。
TKMSD

TKMSDの感想・評価

4.0
自分が30歳になる時に、こんなに焦りや葛藤があっただろうか。
花梨

花梨の感想・評価

4.0
開始数秒で引き込まれた
RENTはジョナサン・ラーソンの人生やったんや
なんかもっと書く事あるはずやのに語彙力足りひん
#286 / Movies
レビュー : 評価4.0
早逝の天才劇作家、ジョナサン・ラーソンの伝記ミュージカル。とにかくアンドリュー・ガーフィールドの演技力が光りまくり。このためにたくさんボイトレを積んだという彼の歌唱にも注目。曲もジョナサン・ラーソンの心地よいメロディーがとても好み。芸術家としてなかなか芽が出ない苦悩や堅実に生きたほうがいいのかなど、それらの想いが実話をもとに紡がれ素晴らしかった。
la

laの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

劇場で見たかったやつ先延ばしにしてたら公開終わってたから仕方なくネトフリてみたけど、やっぱり劇場で見たかったな〜これは

RENTの作者の話だったんだね知らなかった
ソンドハイムに見初められた人だったとは
この時代は試聴会?が当たり前だったのかな〜
面白い文化だ

アンドリューとヴァネッサのロマンスの歌(?)がめちゃくちゃよかったー!
人形っぽい動きが可愛い

知ってる曲ひとつもないと思ったけど
come to your sensesは前奏で分かった

RENTの初演の前日に亡くなったとは
ドラマティックな生き方の人だなぁ、

1分1秒も無駄にできない
ソンドハイムは27歳で成功したのに自分はもうすぐ30歳になる
葛藤と才能
Ranan

Rananの感想・評価

5.0
めちゃくちゃよかった〜!!!
ミュージカルって全然観たことないんだけど、今までのミュージカルで感動できていたのは、歌うますぎ・迫力ありすぎ・歌ってる人の感情表現がなんともすごい!だったから。
でもこれって、作中の偉い人にも言われてたけど、歌っている内容がごくごく日常的で繊細で細かい。それでも、なぜかめちゃくちゃ泣けた。こんな体験って今までしたことなくて、すーっと涙が流れるミュージカルに、ずっと目が離せなかった。

正直、今までの人生で自分の未来を想像して不安になることはなかった。それはわたしが楽観的で、挫折したとて、良くも悪くも未来をちゃんと考えていないからなんだけど。
でもそのことって、30だ!30になっちゃう!と騒ぎながらも、目の前の好きなことをする手を止めないタイプの主人公にも繋がるんじゃ?と思った。
ある意味で、先を想像しすぎたり、悪い方に目を向けてしまうから、夢を諦めたりするのでは。
別にわたしはこういう一部の人にしか叶わない夢を持っているわけではないんだけど、例えそうだとしても、本当に叶わないかどうかなんてわからないじゃん、なんて。

夢を追いすぎて貧乏なことが悪いのは、それを良しとしてくれない人ばかりが周りにいるからかな〜なんて思った。
Imosuki

Imosukiの感想・評価

3.6
ハミルトン繋がりでチックチック…ブーン!も観てみた。
エンディングに流れる本家がまんまガーフィールドで凄い。
29歳のタイミングで観れたら良いかもね。
カオス

カオスの感想・評価

3.9
実在の劇作家ジョナサン・ラーソンの生涯に迫った伝記ミュージカル。
抑圧の世界から羽ばたきたいという主人公の願望と葛藤を高らかに歌い上げながら魅せるストーリー。
とにかく楽曲が素晴らしく様々な局面で流れる歌がみんな良い、特にラスト。
その甲斐あって映えるシーンが多く地味になりがちな題材に華を持たせている。
強弱のある幅広い演技をしたアンドリュー・ガーフィールドも非常に良い。
才能溢れる人間が志半ばで若くしてこの世を去ってしまったのは本当にもったいない。
こういう映画は音響の良い大画面で観た方が感動が増すのにネトフリだけっていうのももったいない。
KNC

KNCの感想・評価

5.0
親愛なる隣人のアンドリューも最高ですが
ミュージカル作家でナイスヴォイスな
アンドリューも最っっっ高に見惚れました❤️‍🔥
(何でもできちゃうんだなぁ...)

30歳を目前に"現と夢" どちらを軸にして生きるのか。
誰もが絶対一度は立ち止まるターニングポイントだと思いますがまさに自分もあと半年で30歳を迎えるので,登場人物それぞれにだいぶ感情移入できました。

実在した主人公のジョナサン・ラーソンの存在はこの映画を機に知りましたが,35歳の若さで永眠していて彼の親友もエイズ流行禍で感染リスクと隣り合わせで生きていた当時。
いつ誰の身に何が起こるか分からないコロナ現代のようにも感じられました。
NYが舞台の映画って夢追人が必ず居るので『おい自分よ,なに立ち止まってるんだ』と奮い立たされます🙏🏼ありがとうございます🙏🏼

一度きりの人生,日々の暮らしをアップデートしていこうと思えるサクセスストーリー!
Jackie

Jackieの感想・評価

2.9
絶対的に予習不足…
この映画は予備知識必要な映画だったか…
ジョナサン・ローランも分からない、『レント』も知らなかった…無知すぎた。
『レント』みたらよく分かるのかな?
芸術家は大変だなと思いました。

あなたにおすすめの記事