KUBO

good peopleのKUBOのレビュー・感想・評価

good people(2019年製作の映画)
3.8
11月10本目の試写会は『good people』。

これ、すっごい好きだった! 『愛がなんだ』は全然わからなかったけど、この3人の気持ちはみんなわかったし、みんなかわいかった〜!

ピュアな恋愛をして、2人でパンケーキを食べる朝食を夢見るケイレブ(ダンテ・カーヴァー)、ナンパはお手のもの、抱いた女とは後腐れなく別れたいビリー(ジェイ・ウエスト)、不器用で人と接することが苦手なミキ(今宿麻美)。この3人が夢を諦めて、ゴミ捨て場に夢の抜け殻を捨てるところから物語は始まる。

3人それぞれをとらえるカメラが瑞々しい。みんなキラキラしている。例えは共感が得られるかは不明だが、岩井俊二のように俳優のフレッシュな魅力を切り取る素晴らしい演出だ。

全編を通して流れるピアノの音色も美しい。

ダンテ・カーヴァーなんて、ソフトバンクのCMでしか見たことなかったけど、なんてかわいいんだ!(このダンテ・カーヴァーがかわいい件は見てみないとわかりません)

また普段はカナダを中心に活動しているというジェイ・ウエストって、ホントに魅力的な俳優だ。このナンパの達人が、いつのまにか本気の恋をしてしまうまでの、微妙な心の揺れを繊細な演技で見せてくれた。(上映後、ロビーでいっしょに写真を撮っていただきました!)

そして、イギリスに行く夢のために英語の勉強をするミキと彼女に英語を教えてあげるビリーの姿に、数年前の自分の経験を重ねた。アメリカで働く夢はあるけれど英検3級も取れなかった高3女子に、毎日補修をしてあげて、今、彼女はアメリカ留学3年目だ。

また脇役が、芦名星、玉山鉄二、山本ゆり、と妙に豪華!

2014年に『pancakes』というタイトルでHOLLYWOOD FILM FESTIVALで上映され話題になった作品が、5年の歳月を経て日本公開が決まったという本作。すごい掘り出し物を見つけた感じだ! これが初監督(?)の渋谷靖って何者だ? たぶんすごい才能だと思う。噂が噂を読んで、とかで大ヒットとかならないかな〜? 私は大好きです。

今日はこの映画と出逢えてよかった。