tetsu

眉村ちあきのすべて(仮)のtetsuのレビュー・感想・評価

眉村ちあきのすべて(仮)(2019年製作の映画)
4.4
ムーラボで鑑賞。

「弾き語りトラックメイカー」を自称する前代未聞のシンガーソングライター・眉村ちあき。
実業家としても活躍するなど、多大な才能を持った彼女の裏側に迫る、予測不可能なドキュメンタリー娯楽作。

だいたい、ドキュメンタリー映画って、面白い人に密着したら、その時点で勝ちだと思っているんですが、本作は開始数分で勝ちが確定するという奇跡が起きてましたね...。笑
まぁ、そんな考えでさえも(仮)というタイトルで否定されてしまうんですが...。(意味深)

前年度の『松永伝馬殺人事件』で映画史に残る大事件を起こし、一部界隈を騒然とさせたムーラボですが、今年も完全にやってくれました...。

これこそ完全に
眉村ちあきの
眉村ちあきのための
眉村ちあきによる映画。

小川紗良さんや徳永えりさんといった実力派女優が名を連ねていたので「どういうこと?」と疑問を抱えて観ていると、まさかの彼女たちが"眉村ちあきさん"を引き立てるためだけに使われているという衝撃。笑
(俳優のみならず、監督業もしており、ミニシアター界では大活躍中の品田誠さんでさえ、同じ扱い。笑)

アーティストとして活躍し、予算が使えるからこその金の暴力とも言えるクライマックスは、もはや、ムーラボ映画史に残る激アツ展開だったのかもしれません。笑

中盤こそ、量産される某アイドルグループのドキュメンタリー映画のような感覚を味わいますが、いつの間にやら、驚きの展開を迎えるので、是非、自分の目で確かめていただきたい所。
とにかく、作り手の自由な表現からは、映画愛とエヴァンゲリオン愛が、ひしひと伝わってきましたよ...。

いや、それにしても、1時間弱でこの熱量の作品を作るのって、どうなってるんでしょうね...。
本音を言うと、この製作陣と眉村ちあきさんのコンビには、もう一本、本気の長編映画を作ってもらいたいところです。