ステップの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

ステップ2020年製作の映画)

上映日:2020年07月17日

製作国:

上映時間:118分

あらすじ

「ステップ」に投稿された感想・評価

ジョー

ジョーの感想・評価

4.0
父と娘の成長記録

「男手ひとつの子育てにギブアップしたくないんです」

当の本人は一人で育てているつもりでも、本当は色んな人が子育てに関わってくれている。

血が繋がっていなくても家族と呼んでくれる人が居たり、それを信頼して家族と呼び返したりする姿に感動した。

「大変だよね」そういうのは簡単だけど行動を起こしてくれる人は少ない。そういう人は大事にしようと思わせてくれる映画だった。
takeru

takeruの感想・評価

4.5
出てくる人、みんないい人。
生きてれば色々あるけど、こんな風に前向きに、周りを大切に、優しく生きていきたいなと思いました!
広末涼子が美しい。。
Miho

Mihoの感想・評価

3.1
機内で見てめちゃ泣いた。
でも人にオススメするかって言われたら別にせんなぁ。シングルの人たちに優しくしようと思った。
めめめ

めめめの感想・評価

5.0
こんなに素敵な作品に出会えたこと心から感謝。
自分は全くお父さんでもなく、片親でもなく何不自由なく生きてこれた人間。共感出来るところは何ひとつなかった。
そんな私が観た感想はこのお父さんには負けられない親になろうと思った。
誰かのために一生懸命生きる。誰かのために一生懸命働く。その誰かのためが誰のためであれ一生懸命はとってもカッコいい。

走って、汗かいて、時につまずいて、それでも立ち上がって上を向き続ける姿。その姿に勇気をもらったし自分が悩んでいたことがほんと些細なことのように感じた。こんなにがんばってる人がいる。一生懸命な人がいる。そんな人の姿って日常では見つけづらい。だからこそこのような物語を映画として残してくれたこと。キャストさんやスタッフさんの皆さんに感謝してます。飯塚監督の作る作品はどこか楽しくて気づかないところを気づかせてくれる作品ばかりなので今回もその要素がたくさん詰め込まれた作品でした。
(´∀`*)b
今まで自分を支えてくれた人を思い出す映画。
崩れ落ちた時に引かれた線に、美希が葉をつけ花を咲かせる描写が、家族が育つ象徴として素晴らしかった。
P

Pの感想・評価

4.2
たくさんたくさん泣いた。

押し殺した感情や言葉、すれ違う思いやり、不器用な愛情表現、いろいろ。

家庭=笑顔工場

形は変われど家族を笑顔にしたい気持ちは変わらない。
子どもが親に気を使っちゃう感じわかるなぁと思った。壁の「線」が悲しみを含んだシンボルだったものに、少しずつ、前へ一歩進むための「芽」が芽生えてきて、最後には樹になるのかなぁと。子の成長に合わせて物語が進んでいくけど、邦画らしいテンポで王道感あり。
山田君がいいやつなんで、びっくり
重松さんは、泣かせてくれます
のりこ

のりこの感想・評価

4.2
圧巻の感動作。話の流れは良くある感じだが、演者が素晴らしい。涙なしでは観られないと思います
>|