ワールドエンドの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

「ワールドエンド」に投稿された感想・評価

「T-34」「バーフバリ」「アベンジャーズ」スタッフ陣による、予測不能のミリタリーアクション。

「エイリアン」「プレデター」的な、古き良きSFアクションらしい魅力が溢れていました。
ただ映像は上述のスタッフが集結しているので、特に爆発シーンや銃撃戦など、自粛明けの暗いムードを吹き飛ばすような突き抜け感でした。

作品中盤以降、やりすぎなレベルにアレもコレも注ぎ込んだ展開が凄かったです。
基本的には本格派のミリタリーアクションですが、予測不能な展開を楽しめる、筋肉アクションファンならではの心意気があれば最高に楽しめると思います。

上述の名作SFや「メイズランナー」シリーズ、「囚われた国家」、「オペレーション・レッドシー」あたりが好きだった方は、是非。
予告編で見せすぎ感もあるので、そこだけ気をつけていただければ。
Hiroe

Hiroeの感想・評価

2.8
異星人侵略ものに分類されると思うのだけれど、SFというより哲学や宗教観を考えさせられる作品。ハリウッド的な「お約束」は一切当てはまらず、人類は一丸となって異星人から地球を守る、みたいな熱さは一切なくて意外性は高い。特に、記者の女性と主人公のやりとりは最高だった。ただ、スピード感に欠けるのが本当に残念。もう少し短くてもよかったのでは。
大好きなロシア語まみれで耳障りが良い…後半の内容はあまり覚えてない
Seiji

Seijiの感想・評価

3.8
戦闘シーン以外のストーリーは無駄に長くて眠くなりますが、戦闘シーンの迫力は凄まじく銃弾量は半端無く大量です。ロシア映画恐るべしです。
2時間半という長い作品の割には、時間を感じなかった。
そもそも人類がウイルスだったという発想はユニークだし、その意味でのエンターテインメント性はあるが、蟻のように現れる元人間(ドローン)の殺戮度が半端なく、とても後味が悪い。
終盤の展開や結末も、何ともスッキリせずで、でどうなの?という感じ。
人間だけで無く、グリズリーも操れるのか?絶滅危惧種のはずが…。
nagisa

nagisaの感想・評価

3.1
th-3
戦いが始まるとなかなか終わらないのでした。
ゾンビを倒す勢いで民兵を殺戮します。
ロシアのテイスト好きなんだけど。ごめんなさい、ちょっと寝た☺️
nezumikunn

nezumikunnの感想・評価

3.8
ロシアのSF映画、侵略してきた宇宙人に操れた人間達と戦う映画話が徐々にスケールアップしてきて人類の起源まで、に展開する、、。落ちは微妙だがこの映画のロシアの兵隊は有能かつ強い人が多い。割と多くの登場人物を掘り下げてるのだがその分映画の尺が長い、、。色んな映画の要素を入れた感じだが面白かった。観客は自分1人で、、映画館大丈夫かな、?
正行

正行の感想・評価

3.5
2020年 115本目

なんか、目元が山下智久似のイケメンエイリアンが出てくるあたりから眠くなってきたけど面白くなってきた。
まだ観ていない人は、隊長でもタクシー運転手でも、好みのタイプの人に感情移入してください。
ロシアのSF作品です。
第一波ブラックアウト、現代文明停止
うん、分かる。
第二波生物学的攻撃、生命体活動停止
森のくまさんやって来た。
第三波ドローン化、生存者は奴隷と化す。
はいはい。
全部ヴォルデモートの仕業。
とにかく色んな映画の要素を詰め込んで煮込んで変な味になりましたって感じ?
結局長いだけで良く分かりませんでした。
異星人に操られた人類 vs ロシア軍

全世界が停電!
人類のほとんどが洗脳される!
終末の世界で人類は生き残れるのか⁉︎








長げぇ!

152分の内容では無い!

90分でいい!



予告を観れば予想出来る内容だけど、地球侵略モノ

1.インフラ崩壊
2.人類選別
3.洗脳


「星を侵略する定番マニュアル」に沿ったストーリー展開

アクションは凄いんだけどなぁ

いかんせん、、

ダラダラしてる

やたら殺す

これでもかってくらい一般市民を撃つ


もはや
「洗脳を解いてみんなを助けよう」っていう考えは無い


何かが起きて

ほとんどの人が死んで

調査に行く軍人達は戻らない

このままだとヤバいっぽい

全員突撃しよう‼︎

って作品



なんかもう

誰にも感情移入出来ない

群像劇かってくらい主軸になるキャラがいない


社会とか

聖書とか

人類の根源とか

いろいろ詰め込んで
深みを増そうって感じはするけど


結局は

ずーっと

銃撃ってるだけ



頭カラッポで観る系だと思ってたけど、

そういう感じでも無くて

中身に対して尺が長いよ…系でした