ギズモX

映画 えんとつ町のプペルのギズモXのレビュー・感想・評価

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)
1.0
アマプラで鑑賞

原作者の炎上商法が見え見えだったから、この映画に触れることはあえて避けていた。
でも、これはとにかく酷い。
凄く危険な映画だ。
それだけは伝えておく必要がある。

まず、何かを信じることはいいことだと思う。
誰も何も信じないとなってしまうと自分の価値観だけで物事を判断するようになりがちで、最終的に危険な方向に進んでしまいかねない。
しかし、これは何かを盲信的に信じてしまったことで思考が極端になっている。
自分が信じたこと以外は拒絶するという、一番やってはいけないことをやってしまっているんですよ。

何かを信じてる人がですよ、信じてない人に対して
『誰か見たのかよ』
『夢を持てば笑われる』
『声を上げれば叩かれる』
とか言ってたら、言われた側は嫌に決まってるでしょうが!そんなの!
相手のことちゃんと考えたことあるのか?
なんで感動的な場面にしちゃってるの?これ?

異端審問官とか星とかいう設定はルビッチやプペルのことをガリレオガリレイにたとえているんだと思いますよ。
でも、ガリレオガリレイの地動説には科学的な根拠があり、それだけではなく、
「地動説は聖書の教えにも反していない」
と友人達に手紙を出し、一つではなく様々な考えを用いて理解を得ようとした。
彼は知識と真実を追い求めていたのであって、上ばかり見て盲信的に地動説を唱えていたわけではないんですよ。
そこに決定的な違いがある。

この映画を観て思い出したのが『パッション』
両方とも信じることの大切さを説いてはいるけれど、そこには間違った被害者意識と他人に対しての憎悪がある。

『パッション』でイエスキリストを演じたジムカヴィーゼルは最近になってこんなことをぬかしやがった。
ありえないことに教会の中でだ。
"リベラル・エリートが秘密裏に子供の人身売買を行っており、子供たちからアドレノクロムと呼ばれる薬物を抽出している"

どうぞ見えない星を追うといい。
その結果が今のこの世の中だ。

夢を見るのはいい。
だが目を開けて見ろ。

上ばかり見ても何も解決しない!

【追記】

演出もどこかで見たことのあるあからさまなパクリが山のように続いて怒り狂いそうになった。
自己主張が激しすぎてその作品や作った人に対しての愛を全く感じないんですよね。
もう二度と観たくない。