new

るろうに剣心 最終章 The Beginningのnewのレビュー・感想・評価

4.0
剣心に復讐するべく東京を総攻撃した上海マフィアの頭目・縁との壮絶な戦い。その理由は、剣心が「人斬り抜刀斎」と恐れられていた幕末へとさかのぼり、剣心が自らの手で斬殺してしまった妻・雪代巴の存在、そして十字傷の謎へと繋がっていく。

るろうに剣心最終章の第2作目。これにて完結。今作は、剣心の過去に焦点をあてて、これまでの物語での剣心の想いや行動の芯を司る部分である雪代巴との物語を紡いでいく。終わりにして、始まりの物語というシリーズの締めくくりとしては、少し異例ではあるが、これまでの物語を補完するという意味でも良い構成だと思う。
今作は不殺を心情とする前の剣心なので、ばったとばったと人を切り殺すさまは、シリーズでは少し新鮮ではあるが、血飛沫を浴びせながら殺していく様は、恐ろしくも芸樹的な美しさで描かれており、不思議と不快感は感じない。原作でも人間ドラマにフューチャーしたエピソードではあるので、シリーズの売りであるアクションシーンは少し控えめ。個人的にはお話が好きなので劇場でこれを見れてとても満足だった。シリーズの中でも一番時代劇っぽい作風だったかもしれない。
原作を最後まで追って走りきってくれた事に感謝。いつか北海道編も待ってます。