たつみ

17歳の瞳に映る世界のたつみのレビュー・感想・評価

17歳の瞳に映る世界(2020年製作の映画)
3.8
妊娠をした17歳の少女が、中絶手術を受けるためにニューヨークまで旅をする物語。

何て言えばいいのか、中絶をする・しないで葛藤する様子を描いた作品では無かったと思う。

彼女は妊娠が分かったときから、既に中絶することを決めていて、それはエコーで自分のお腹にいる赤ちゃんを見ても変わらなくて。

でもそれは、彼女が決して浅はかな考えで中絶をしよう決めた訳じゃないってことが、徐々に分かってくる。

その背景には言葉にすることも憚られる過去の出来事があって、それが何だったのか語られることは無いのだけど、それでも観ている側に十分に伝わる描写だったと思う。

妊娠してからの検査や、中絶をする過程の病院のやり取り、手術のシーンとこと細かに一連の流れが描かれていて、心にずしんとくるものがあった。

命に関わることだし、倫理的にセンシティブな問題でもあるので安易なことは言えないのだけど、結果だけで判断するのではなく、ちゃんと過程を観た上で本人の決断を尊重してあげることが大切なのかなって思った。