世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

「世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ」に投稿された感想・評価

市民と同じ目線で物事を考えられない傲慢な全政治家はこれを見てください。。

ムヒカと同じくらいクストリッツァも好好爺で笑う
jocx

jocxの感想・評価

3.5
世界でいちばん貧しい国の大統領は、気さくで気骨があって、ユーモアがあってそれでどこか物悲しい。彼の経歴がそれを物語っている。投獄され、脱走し、銃弾を受けても彼は立ち上がる。貧富の差を受け入れて、その中で人を生かす方法を考える。ウルグアイはサッカーでしか知らない国で、スカイブルーと太陽の国旗の下には暗い時代が潜んでいる。それでも明るい表情を見せるのは南米の土地柄なんだろうか?どこぞの国の大統領とはえらい違いだなぁ、と思う。公用車で揉めている知事もいますが、本当に大切なことを考えると本当に裕福なことってなんだろうか?と考えさせられた。
やま田

やま田の感想・評価

3.6
ムヒカさんが言っていた。
善と悪の話が印象的。

私の善は、他の誰かからすると悪になり得る。
それは悪でも然り。

人間はひとりでは生きていけないから社会という集団生活を行うようになったんだろうけど、生きていく上で本当に必要なモノだけが手元にあれば、それで良いのかもね。

富とは。愛とは。人生とは。
oyama

oyamaの感想・評価

4.0
強いドキュメンタリーだ。
好好爺に見えるムヒカ元大統領の、ゲリラ活動家としての顔や、13年の投獄生活での孤独。
おおらかさと笑顔の奥にあるもの。

時に善は悪であり、悪は善になるということ。
貧しさの意味とは。
真のリーダーとは。

そして、クストリッツァの映像と音楽。
街で住民と本気で喧嘩する姿がよかった。

- - -
日本版のタイトルとビジュアルが作品と合ってない。
なんでこうなっちゃったの?

予告編も日本版じゃないほうがおすすめ。

https://youtu.be/BsKVKgKuzHY
rumrum

rumrumの感想・評価

3.4
こうゆう国民と同じ生活をするとかお金を必要以上持たない。
資産を処分したり。
なかなか大統領になるのって難しい。
愛と闘争の男って副題の方が内容に近い。
いい映画。
Hitomi

Hitomiの感想・評価

4.0
いつまでも可愛い大統領。
政治なんて、政府なんて。そんな思いだったけど、ウルグアイに生まれていたら希望は捨てずにいたかもしれない。
クストリッツァ監督が時折描く踊りと歌に希望を見た。
ユータ

ユータの感想・評価

3.6
人に階層はない
全て平等だ

利己的にならず、人々のため、世界のために働くことが生きるものの務めだ
素晴らしい元大統領だ。誰もが愛する理由がよくわかった。
自分も愛する人間になろう。
女将

女将の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ラストの奥様との2ショット最高かよ🥰
妻だけに、稲妻に打たれたように恋したんと⚡️

2016年に広島に来とったんじゃね〜原爆ドームバックの写真も出てきたね。

自分の給与の7割を支援に👍
凄い人じゃね。

囚われの身になっている時もあり、1日に飲み水はカップ一杯しか出ないから、渇きをしのぐ為に飲尿をしていたと。缶に入れて暫く置くと塩分が沈殿して、上の部分をすすると、シャンパンの味になるらしい🤣

女将でも、興味ないけぇ、みんなないよね🤣
いつもすんません🙏

でも、みんな慣れてきて普通に会話してくれよる🥳ありがとう😘

80代の現在も、あそこにあれを作れないか?支援の為のアイデアが湧き水みたいに溢れてきて、エネルギーを感じた☺️

唯一の後悔は子供を作れなかったことらしい。80代になっても思うのね〜。
なったから振り返って余計思うのかな?

自分自身、過去を振り返り後悔はある?とか聞かれても分からんよなぁ。そんな事いったって変わるわけじゃないし。

て、意外に現実主義🤣笑
中本

中本の感想・評価

3.1
人生は限られているがウルグアイにも行きたい。
miyabi

miyabiの感想・評価

3.1
自分自身が 何を 期待して観に行ったか 解らない。この人の事は、わかったが、映画 としては、どうかな?と、疑問が⁉️
確かに 自分が 世界を 変えるんだ、人生2度あれば 何度でも 同じことをして 変えたいんだという 考えは 良かったし、自分に 子供がいないので 残しておく必要の無い 資産は 全て 極貧の人々の為に使うんだと、資産全てを 住宅学校等々を造る。すごい人❗
でも、少し 勉強してから 観ないと。
>|