世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカの作品情報・感想・評価・動画配信 - 9ページ目

上映館(1館)

「世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ」に投稿された感想・評価

AKI

AKIの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ルシア・トポランスキーさんが非常に美しい。

ホセ・ムヒカさん、ルシア・トポランスキーさんはともに13年に及ぶ長い投獄生活を送っているが、独房で過ごした孤独な年月のおかげで今の私たちが存在するって言葉がとても印象に残った。きれいごとじゃないんだなって思った。

観光客に肩を組まれて写真撮影に応じるホセ・ムヒカさん、距離の近さに驚いた。

「携帯電話にトイレを付けてほしい」
俺も同感だ。是非是非、携帯電話にトイレを付けてほしい。

極貧層のために毎月給与の7割を寄付し、家を建て、学校を建て、花の育て方を教える。
貧困家庭で生まれ育ったホセ・ムヒカさんだからできたことだろう。
貧乏人の気持ちは貧乏人にしか分からない。俺はそう思う。

「あんたがウルグアイをダメにした」「あんたの責任だ」と詰め寄る男性に「あんたは最低だ」「クソだ」と言い放つホセ・ムヒカさんを観て、なんだか親近感が湧いた。

「政治の世界で探すべきは大きな心と小さな財布の人物です」
とても素敵な言葉だな~。

「大統領として成功した要因は、人に伝える力、分かりやすい言葉遣い、そして献身ぶりや信念に従った生き方」と語る妻のルシア・トポランスキーさん。
分かっていたとしても実現するのは非常に困難だ。
妻の言葉から夫の偉大さを思い知る。

とても素敵な夫婦の物語だった。
ウルグアイの元大統領であるホセ・ムヒカ(愛称ぺぺ)のドキュメンタリーをあのクストリッツァが撮ったとあらば、配信開始日に観るしかない。
鋭い眼光と髭面で葉巻をふかすクストリッツァの生物のオスとしての強さはあいかわらず。
ムヒカは好々爺然とした笑顔を浮かべ、まん丸い体でよちよち歩いていて、第一印象は「やだ、かわいい〜」と思ったが、ゲリラ活動により全身に残る無数の銃創や、銀行襲撃、長期の刑務所生活など波乱万丈な人生を歩んでいたことを知り、その事実に圧倒された。
私財のほとんどを寄付するその清貧生活ぶりは、まさに有言実行であり説得力がすごい。
二人三脚で多くの労苦を乗り越えてきたであろう夫人との仲睦まじさもいい。
本当にもう、あえて言わないけど、どこかの国の首相と比べてとかわざわざ言いたくないけれど、なんかもう…ねえ…。
京都シネマで鑑賞する予定していたらコロナウィル渦中で緊急事態宣言が発出され、映画館が休業となりガッカリ…😞。でも、本日から複数の有料サイトで期間限定デジタル配信が始まり、Rakuten TVで早起きして視聴しました。ホヤホヤの新作を自宅で鑑賞し、不思議なもので映画館に居るような湧き立つ気分を味わいました。

人口345万人のウルグアイで若い頃は左翼闘士として投獄、独裁政権下では長く収監されたり辛苦の前半生を送り、その後一転して政治の世界に入り、ウルグアイ大統領として貧困層に寄り添って救済に力を注ぎ、自らは中古のワーゲン🚙と農業と質素な暮らしを送り、「世界でいちばん貧しい大統領」と讃えられたムヒカ元大統領。

そのムヒカ氏と彼を支えた妻のルシア・トポランスキーさんへのインタビューや昔の活動映像を交えたドキュメンタリー。民衆の心を熱くさせる街頭演説や監督のエミール・クストリッツァの質問に淡々と応える人間愛溢れるムヒカ氏の発言の数々を目にしていて、コロナウィルスの対応でヘンテコな言動を繰り返す日本の首相や政治家たちとつい比較しながら見終えました…。ムヒカ氏はやはり素晴らしい✨✨✨
なつ

なつの感想・評価

-
映画館が再開したら、真っ先に観たいと思ってたけど…我慢出来ず。
本日から、動画配信開始です!
https://pepe-movie.com/

大好きなクストリッツア監督が、敬愛する南米ウルグアイの第40代大統領ホセ・ムヒカを撮ったドキュメンタリー。
この表情よ!まん丸な身体に、優しくキラキラ(バンビみたい)瞳、心が美しい顔してますねぇ。
こんな澄んだ瞳は、動物か子どもしか見たことほぼないよ。
言葉の一つ一つに説得力があり、心に響いて仕方なかった、沁みた。
大統領の献身ぶり、信念に従い、私利私欲に走らない生き方…そりゃ付いていこう、一緒に闘って行こうと、心から思うわ。
いやぁ、スピーチ聴きながら泣けた。
“大きな心と小さな財布”、政治に必要なモノと説く大統領。
彼が日本のリーダーならば、コロナの終息も早かったんじゃないかなぁ。

後、好きだった言葉が…
“学校一つで世界は変えられないが、変えるためには沢山の学校が必要だ”
私財をなげうって、家や学校を建てる彼。教育の大切さを説いた言葉だなぁて。

クストリッツア監督が、ぺっぺっ吐き出してたのは、コカ茶かなぁ?
私も南米行ったとき、屋台で勧められて飲んだけど、ぺーーーてなったもん(笑)
冴子

冴子の感想・評価

3.0
期待ほどではなかったけれど、こんな政治家がいるなんて、信じられない。
若い頃から夫婦で支え合い、慈しみ合い、素敵な人生。
国民に愛される大統領はそういるもんじゃないよなぁ。
パンダ5

パンダ5の感想・評価

4.0
過去の経験を経て、可愛いおじいさんの風貌で熱い信念を持ち、利他の為に行動する姿に胸が熱くなります。
日本の世襲制の坊っちゃん政治家には彼が言う献身と言う言葉は響くのでしょうか?
ウルグアイについて、ほとんど知識がなかった。牛肉、カウボーイ、そのくらい。ムヒカさんはお茶目でユーモアがあり、時には荒々しさも見せる。タンゴがいい。クストリッツァは何を思ったのかな…。
テレビでその生きざまがカッコいいことを知ったホセ・ムヒカの今を映しながら彼の人生を振り返る彼の人となりそのままの優しいドキュメンタリー。
彼を見て「吾唯足知」を思い出した。
ゲリラ活動で捕まり勾留されてた人も大統領になれるんですね。それだけ権力争いが激しく二分されていたからでしょうか。
まさに激動な人生のドキュメンタリーでしたが、僕的にはニュースステーションの特集くらいの長さで丁度いいかもです(^_^;)集中力が無くてスミマセンm(__)m

劇場74本目
ギリギリ3月中に鑑賞。

面倒見の良いおじいちゃんが、その延長で大統領になった感じ。

日本の政治家全員に観て欲しい作品。

大好きなエミール・クストリッツァ監督がいきなり出て来て、下手なホラー映画より驚いた。