kazu1961

阪神タイガース THE MOVIE 猛虎神話集のkazu1961のレビュー・感想・評価

4.0
▪️Title :「阪神タイガース THE MOVIE 猛虎神話集」
Original Title :※※※
▪️Release Date:2020/02/14
▪️Production Country: 日本
🏆Main Awards : ※※※
▪️Appreciation Record :2020-064
▪️My Review
阪神タイガースによる阪神タイガースファンのための阪神タイガースの映画!!いゃあ、タイガースファンにとってはたまらない作品です。
東京での鑑賞にも関わらず、日中からほぼ満員。タイガースファンの広さを認識しました。鑑賞者には、吉田、星野、岡田監督の時の優勝1面の特別編集デイリースポーツ新聞が頂けました!!
本作は、2020年の球団創設85周年を記念した公式ドキュメンタリー映画です。その中で50年に渡るサンテレビの中継素材などを中心に、8つの「神話」と称して伝説的なシーンをセレクトしています。
「1973年の江夏豊、史上初の延長ノーヒットノーラン」に始まり、ファンのみならず伝説となっている「1985年のバース、掛布、岡田のバックスクリーン3連発」、そして、「矢野タイガース“新世代のニュースター”」まで、いままで語られていなかったエピソードなども満載で描かれています。
また、熱狂的な虎ファンの代表として、ナレーションと出演に石坂浩二、そして、佐藤隆太、松村邦洋、千秋が出演しています。「虎ファン」ならではの視点で阪神タイガースの魅力に迫っています。掛布雅之のナレーションも良いですね!!
我々、オールドファンが楽しめるのはもちろん、若いファンにもタイガースの歴史を知ってもらえる作品になっていると思います。
選手たち、レジェンドたちの姿を大スクリーンで見て、今季のタイガースの躍動する姿が楽しみになる映画です。(因みに頂いた新聞には矢野阪神優勝の願望紙面もありました!!)

▪️Overview
プロ野球球団「阪神タイガース」の創設85周年を記念して製作された、球団初の公式ドキュメンタリー映画。「1973年の江夏豊、史上初の延長ノーヒットノーラン」や「1985年のバース、掛布、岡田のバックスクリーン3連発」「矢野タイガース“新世代のニュースター”」など、ファンの間で「神話」とも呼ばれる伝説的なシーンのほか、これまで語られていなかったエピソードも含め、蔵出し映像や新規インタビューで球団の歴史を掘り下げていく。熱狂的なタイガースファンとしても知られる俳優の石坂浩二が出演のほかナレーションも担当。元タイガース選手で「ミスター阪神タイガース」こと掛布雅之がナレーターを務め、現役選手も多数登場。エンディングには「六甲おろし」が流れる。(引用:映画.com)