ラーチャえだまめ

ストレイ 悲しみの化身のラーチャえだまめのレビュー・感想・評価

ストレイ 悲しみの化身(2019年製作の映画)
4.0
『おそロシア過ぎる悪魔の赤ちゃん?』





可哀想だ、この子を救ってあげたい、私たちでこの子を幸せにさせたい……そう言って優しく手を差し伸べたかと思えば自分たちの手に負えなくなったら“捨てる”……そんな時人はこういう「もうちょっと責任持てよ。」と……それがたとえ“バケモノ”だったとしても___。なんだか終盤夫の方がなんとかしようと奮闘する展開がまんま「悪魔の赤ちゃん」でかといって妻が別に悪いとかそーゆー意味ではないとは思うし、ヴァーニャも“親の愛に付け込んだ”確信犯的キッズであることは間違いないのでありますが“子どもを引き取る”という行為を安直に行った結果が……という、映画的にはお決まりでも時代は変わっても考えさせられるテーマは同じ……これはある意味人類普遍のテーマなのかもしれません。




↓気になる方はコチラもどうぞ↓
https://edamamemamade.wixsite.com/edamame-movieimpact